第18日目:FreeBSD 9.2-RELEASEがソースの形で公開されました

メールだけで簡単お申込みのレンタルサーバー!

ども、ども、▲(‘A`)/です。
ご無沙汰しております。
えーと、札幌はとても寒くなってきました。
今朝(2013/09/27 06:00)の気温は札幌中心部では8℃、新さっぽろの方
(厚別区)では3℃を記録しました。
もうストーブをつけないと朝起きるのがつらい季節です、ハイ。

さて、久しぶりにFreeBSDのsvnサーバを見ると、releaseディレクトリに
9.2.0が作られ、日本時間の午前3時頃に9.2-releaseがソースの形で
公開されました。
これからISOイメージが作られて、各国FTPサーバに配布されることでしょう。
(現時点ではまだRC4のイメージですが、おっつけ置き換わると思います。)

http://svnweb.freebsd.org/base/releng/9.2/sys/conf/newvers.sh?view=log

Modified Thu Sep 26 18:10:19 2013 UTC (3 hours, 30 minutes ago) by gjb
File length: 4550 byte(s)
Diff to previous 255465

Update releng/9.2 to -RELEASE status as part of the 9.2-RELEASE
process.

Approved by: re (implicit)
Sponsored by: The FreeBSD Foundation

33 TYPE=”FreeBSD”
34 REVISION=”9.2″
35 BRANCH=”RELEASE”

まあ、本来の予定では9/6頃にRELEASE版を作って、リリースしたよ報告が
9/14に実施されるはずでした。
スケジュール通りにいかないのはいつものことですし、RC版もRC4まで
作られていましたからこの遅れは許容範囲と言えるでしょう。
これで、9.x系は一段落ついて、10.0系の開発がすすむ事でしょう。
最近やたらとALPHA版を出していますから、本家としては10.0をもっと
多くの人に使ってもらいたいという思いがあるでしょうから・・・

さて、▲(‘A`)の方も10~11月はとても忙しい時期になります。
現在受講している職業訓練の関係で10月には「2級ボイラー技士」、
11月には「危険物取扱者(乙種4類)」の試験を受ける事になりました。
久しぶりに物理・化学の勉強です。
ボイルの法則とかシャルルの法則とか元素周期表とかてんこ盛りです。

ただね、最終的に「どこに、どういった形で」再就職しようかというのは
まだ青写真がしっかりできている訳ではありません。
またIT業界で働くかもしれませんし、ビル・設備関係の業界に進むかも
しれませんし、はたまたアルバイト掛け持ちの生活かもしれません。
▲(‘A`)の場合には「病気もちの身」ですから、どうしても病院通いを
しなければなりません。お休みを貰える所、あるいはシフトを組める所を
探すことが第一になってきます。ハア・・・

この秋に北海道に観光などで来られる方は暖かい恰好で来てくださいね。
朝晩の冷え込みは本州などとは違いますし、この時期は気温差が20℃
近く上下しますから。
それでは、また!▲(‘A`)/

(2013/09/30 16:40追記)
えーと、FreeBSD本家のFTPサーバの方に9.2-RELEASEの
インストールイメージがアップされて手に入れられます。
amd64版のリンク、ここに貼っておきますね。
さて、9.2はこれで一段落つくとして、10.0の環境がいつ
svnサーバに設定されるのかが気がかりです。

(本家FTPサーバ)
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/9.2/
(JPミラーサーバ)
ftp://ftp.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/9.2/

第17日目:FreeBSD 10.0-ALPHA1ですが、ご注意を・・・

メールだけで簡単お申込みのレンタルサーバー!

ども、ども、▲(‘A`)/です。
えーと、せっかくの三連休ですが台風が接近している
関係で、どこもかしこも雨、風、雷が酷いようです。

で、全開の日記でフラグが立ってしまったのか、、、
FreeBSD本家の方で日本時間の9/14 土曜日(UTCで9/13)に
新しく開発しているバージョンである10.0でALPHA版が
公開されました。しかも、ISOイメージで・・・

ちょっとこれは意外でした。
SVNサーバの方では10.0 関係のブランチは作られていません。
なので、ソースディレクトリはHEADのままです。
今後relengにディレクトリが追加されてソースが移されるとは
思いますが・・・

さて、この FreeBSD 10.0-ALPHA1 ですが、注意しなければ
ならない点があります。それはコンパイラが変わったことです。
FreeBSDのコンパイラは皆さんおなじみの「GCC」がデフォルト
なのですが、10.0からは「Clang」に変更になりました。
なので、たぶん大丈夫とは思いますが buildkernel や
buildworld 等でエラーが出た場合には以下のページを読んで
http://www.freebsd.org/doc/ja/books/handbook/makeworld.html
しかるべき定義ファイルにパラメータを切ってください。
具体的には /etc/make.conf/etc/src.conf に対して
WITHOUT_CLANG_IS_CC=YES
と切ってください。

これは見ての通りClang は なし(Without) よ、と言っているのです。
src.conf なんで初めて聞くという人もいるかもしれませんが、
このファイルはソースコードでOSをコンパイルする際に参照される
ファイルです。詳しくはマニュアルsrc.conf(5)を見てください。
(先ほど紹介したページにリンク貼られています。)
他にも色々なパラメータが解説されているので、この機会に見ておくと
勉強になりますよ。

で、何でこういう事を書いたのかと言いますと、まだまだClangでの
コンパイルにportsとかのソースが対応しきれていないからです。
流石に本家がISOイメージまで出したという事はカーネル周りの
ソースではコンパイル時のエラーは解消できれいるんじゃないかと
推測しています。
(あくまでも個人的な希望的観測ですので、違ってたらゴメンなさい)
なので、今までの8.4とか9.2とか出た時の様にBETA版やRC版みたいな
感じで使えるだろうと思っていると、痛い目に合うと思います。

本家の方でも以下のWikiのページを用意しているので、ここも覗いて
置くと、色々と参考になるかもです。
(10.0で色々変えているものや新たに加えているものなどを紹介しています。)
https://wiki.freebsd.org/WhatsNew/FreeBSD10

ISOイメージは以下のFTPサーバから入手できます。
ただし、できる事なら、まっさらな環境を用意してぶっ壊れても
良いように用意してから試した方が良いでしょう。
(間違っても本番で動いているマシンの環境を壊したりしないように)
昔々▲(‘A`)もそういうので、痛い目にあっていますので、、、

(本家FTPサーバ)
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/ISO-IMAGES/10.0/
(日本FTPミラーサーバ)
ftp://ftp.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/ISO-IMAGES/10.0/

▲(‘A`)としては、まだ待った方が良いと思っています。
なぜSVNサーバにブランチも作らずに ISOイメージを公開したのか、と
いうのを考えると、、、キッツキツのスケジュールになっている、という
事です。
それでなくても、9.2のリリースで今月一杯はかかると思われますので、
ブランチ10はその後で作られると思います。
大台が変わるブランチですので、色々と大変だと思います。
ブランチが作られてからでも触れ始めるのは良いでしょう。

資格試験の勉強をするはずが、思わず日記を書いてしまいました・・・
これから教科書を読まなきゃ。トホホ。
それでは、また!▲(‘A`)/

第16日目:FreeBSD 9.2-RC4が公開されました

メールだけで簡単お申込みのレンタルサーバー!

ども、ども、▲(‘A`)/です。
ご無沙汰しております。
えーと、只今職業訓練の学校から帰宅しまして・・・
毎日が物理というか化学というかの授業みたいで、
覚える事が多くて大変なんです、ハイ。
来月には試験もあるので、これから追い込みを
かけないといけないなあ。。。

さて、一昨日(JST 9/9)の夜にFreeBSD本家のメーリングリストから
セキュリティパッチの案内が3件出ていました。
で、今朝SVNサーバを確認するとパッチの内様が反映されて、
newver.shでのバージョンが 9.2-RC3 => 9.2-RC3-p1 に変更に
なっていました。
RC版でp1なんてつくのは今まで見た事無いなあ、と思いながら
学校に出かけました。

さて、何か心に引っ掛かったので、帰宅後もう一度SVNサーバを
確認したらnewver.shに再度修正が入っていてバージョンが
9.2-RC4になっていました。
(JSTで今日11/11の午前11時頃にリリースとなっています。)

http://svnweb.freebsd.org/base/releng/9.2/sys/conf/newvers.sh?view=log

Modified Wed Sep 11 00:42:50 2013 UTC (6 hours, 53 minutes ago) by gjb
File length: 4546 byte(s)
Diff to previous 255444

Update releng/9.2 to -RC4.

Approved by: re (implicit)

33 TYPE=”FreeBSD”
34 REVISION=”9.2″
35 BRANCH=”RC4″

RC4は当初8/31に出る予定でしたので、11日遅れですね。
それでもこの間、セキュリティパッチが出たり、ドライバ周りの
修正が入ったりしていたので、まだましな方だと思います。

今回の版で1週間程度様子を見てから、RELEASE版の準備に
入るんじゃないかな、と予想しています。

たぶんですが、この9.2がリリースされてから10.0の準備が
始まるかな?
まあ、慌てず騒がず様子を見守っていれば良いと思います。

あ、そうだ。
先週ですが、PC-BSDの方もリリースがありました。
PC-BSDの方は9.2-RELEASEですが、これはFreeBSD 9.2-RC3を
ベースに作られていますので、ご注意を。
PC-BSDの方はローリングリリースの運用になっていますので、
どこかのタイミングでFreeBSDのパッチが反映されたバイナリが
リリースされることになると思います。
使用されている人は一応気に留めておいてください。

この9月という時期は▲(‘A`)にとっては特別な月になります。
いまからちょうど5年前の9/9に脳梗塞を発病して今に至っています。
今週頭に6年目に突入しました。幸い多くの人達に見守られかつ
助けられて、再発もせずに毎日を過ごしています。
それでも、現在無職の身には、病院通いしなければならない体は
ちょっとしたハンデになっています。
皆さんもどうかお体をご自愛ください。
そして、時間を無理やり作ってでも定期検査を受けてください。
数値が前年と食い違っていたら放っておかずに再検査受けてください。
「こんなの、大丈夫だよ」と思った結果が、こういう結果になって
いますので・・・

最初の方でも書きましたが、ちょっとお勉強をしないといけないので、
こちらの更新がなかなか手掛けられないかもしれませんので、ご容赦ください。
季節の変わり目なので、体調崩しやすいです。気を付けて。
それでは、また!▲(‘A`)/

(2013/09/13 18:15追記)
えーと、FreeBSD本家のFTPサーバの方に9.2-RC4の
インストールイメージがアップされて手に入れられます。
amd64版のリンク、ここに貼っておきますね。
さて、ほんちゃんのRELEASE版はいつになったら公開
されるんでしょうか?
今日RC4のISOが公開されたという事は、、、今までの経験から
推測すると今月末かな?、と。

さて、札幌では今日から9/23までの期間「さっぽろオータムフェスタ」が
行われます。大通公園や、JR札幌駅南口広場で屋台が出ています。
(札幌駅の方ではセイコーマートがワインを1杯 ¥250 で販売して
どこかのおばちゃんが朝から飲んだくれになってたりしています・・・
ただ、朝晩はちょっと気温が低くなってきているので本州から遊びに
来られる方は念の為長袖を1枚持ってきてください。
それでは、また!▲(‘A`)/

(本家FTPサーバ)
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/9.2/
(JPミラーサーバ)
ftp://ftp.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/9.2/

第15日目:FreeBSD 9.2-RC4のスケジュールが発表されましたけど・・・

メールだけで簡単お申込みのレンタルサーバー!

ども、ども、▲(‘A`)/です。
今日は職業訓練2日目です。久しぶりの座学はちょっと疲れました。

今日はもともと更新する予定ではありませんでしたが、
FreeBSDの本家サイトを覗いたら、なんと9.2のリリーススケジュールが
一部変更されていました。
(斜体の太字で書かれた箇所が今回変更分です。)
http://www.freebsd.org/releases/9.2R/schedule.html

  • BETA1 7/19
  • BETA2 7/26
  • RC1 8/3
  • RC2 8/15
  • RC3 8/24
  • RC4 8/31
  • RELEASE 9/6
  • ANNOUCE 9/14

何でも9.2-RC4というのを作ってからRELEASE版を作ると。
しかも、いつもの如く既にスケジュールが遅れている訳で・・・
(SVNサーバの方を先ほど見てみたのですが、まだRC4へのソース
修正などは行われておりませんでした。)

9月といえば、10.0のコードフリーズやリリースタグ等の開始が
始まる予定でしたが、それとの絡みなのですかねえ?
ちょっと動向が判りません。
▲(‘A`)の勝手な予想としては今週末にRC4について何らかの動きが
あるんじゃないかな?と。
もしもその時に何も動きが無ければ、本家内部で何らかの問題が
起きたのだと思います。
まあ、ちょっと首を長くして待ちましょう。
良いものがリリースされるのであれば、それに越した事はないのですから。

えーと、話は変わりまして、▲(‘A`)が使っているサーバが移転しました。
というか、色んな意味で新しいサーバになりました。
(IPアドレスから調べるとちょっとは判るかもしれません。)
まあ、IISの中の人とも先日お話しましたが、頑張ってください。
FreeBSDのサーバであったのは良かったです、ハイ。
「サーバ構築のパッケージでも作りましょうか?」と言い出しかねない気分です。
(だってね、9.1Rのサーバなのですよ。ちょっと待てば9.2Rなんですから・・・)
まあ、贅沢をいってもしょうがありませんね。

サーバに携わる仕事に復帰できるのが一番なのですが、年齢的にも、体の面でも
前の会社の様に融通が利くところなんてありませんから・・・
その為に職業訓練も受けている訳ですので。
前の会社のみんなは元気にしているんだろうか?
特に何名かは前の会社の業務の一部を引きついていたのでちょっと気がかりです。

「便りがないのは、元気の印」とは言いますが、久しぶりに会いたいですね。
それでは、また!▲(‘A`)/