第38日目:FreeBSD 10.1-RELEASE からはSoft updatesが改良されるようです

メールだけで簡単お申込みのレンタルサーバー!

ども、ども、▲(‘A`)/です。
えー、日本時間で本日未明に次回リリースとなる10.1について
リリーススケジュールが開発者向けにお知らせされました。
実際の成果物は来月早々(9/5)にコードフリーズされてから
出てくるので、今はこの夏をどう乗り切るかを考えましょう・・・
(今年は猛暑、豪雨、洪水と頭の痛い事がてんこ盛りですから。)

さて、今回は先週マイナビニュースで見つけた記事について
取り上げます。
FreeBSDでは有名人である後藤大地さんが書かれています。

FreeBSD、Soft updatesをマルチスレッド化
http://news.mynavi.jp/news/2014/08/07/267/

前の会社で掲示板サービス等の世話をしていた身としてはうれしい
機能だったりするのですが、一般の方にはピンとこないと思いますね。

掲示板やカウンターサービス等はファイル数がたくさん作られ、
それをOSのファイルシステムは管理しないといけないのです。
特に大変なのは更新・削除の時にファイルの管理情報であるinodeと
ハードディスク上にある実データとの齟齬が生じた時です。
(inodeをちゃんと説明するのは大変なので、本の目次のようなものと
思ってください、ハイ。)

この状況は例えば書き込み中に電源断などが起きた時などに
生じやすいです。
昔2ちゃんねるとかで閲覧&書き込みが殺到してサーバが重い状態に
なると、物理的なリブート(電源再投入)でしか復旧できない場合が
多々ありました。
そういった場合にハードディスク上にある実データの在りかと、
OSが持っているデータの管理情報がすべて一致していれば問題は
無いのですが、不一致になると「管理情報上には無い事に
なっているが、存在しているデータ」とか「管理情報上には
存在している事になっているが、実際のデータが存在していない」
という事態が起きたりします。
その様な場合にはfsckというコマンドでハードディスク全体を
サーチして管理情報と実データを突き合わせて整合性を確かめて
不明なデータは「lost + found」というディレクトリに隔離して
実データに沿った状態に管理情報を直したりします。

FreeBSDではこういった齟齬を回避するためSoft updatesという
機能をデフォルトで持っています。
詳細はリンク先(wikipedia)の説明を見てください。

で、ここら辺の改良についてやファイルシステムの説明なんかは
同じく後藤さんが4年前にマイナビニュースの記事で書いています。
興味のある方はこちらも見るとよいでしょう。

FreeBSD Soft Updatesの弱点を克服するジャーナル機能 – BSDCan 2010
http://news.mynavi.jp/articles/2010/05/26/bsdcan02/

FreeBSDはデフォルト設定でOS起動時にfsckを実施します。
ルートパーティション(/)はfsckは必須です。
/etc/fstabで設定し、OS起動時にマウントされるパーティション
についてはfsckが実施されます。
よくOS起動時に「シングルユーザモード(single user mode)」で
起動するかどうかをメニュー画面などで最初に聞かれると
思いますが、シングルユーザモードとはメンテナンス用の
動作形態で、必要最小限の機能で動きます。その際には
ルートパーティション(/)だけがマウントされます。
そういう意味ではルートパーティション(/)が致命的に壊れて
いた場合は厄介です。
(そういう時は該当のハードディスクからの起動は諦めて
別のマシンにマウントしてデータの読み出しができるか
確かめたりします。)
何だか昔の大変だった頃の記憶が蘇ってきたので、この辺
切り上げます。。。

話を戻すと、今回計画されているSoft updatesの新機能は
マウントポイントごとにSoft updatesスレッドが動作する
という所が目玉となります。
データの整合性を保つ為の機構が整備されるのは良い事です。
サーバ復旧などが今まで以上にやり易くなるからです。
とは言え、以前も書いた様に10.x系は今までのバージョンとは
結構異なっていますので、それより前のバージョンを使用
している場合には一足飛びに10.1に移行せずに、まずは
10.0に移行して必要な機能がちゃんと稼働するかを
確かめてから挑戦するのが良いかと思います、ハイ。

えーと、▲(‘A`)の仕事のシフトがようやっと決まり
今は体を順応させる日々です。
(まあ、来月以降はどうなるか判りませんが・・・)
世の中的にはお盆休みの様ですが、▲(‘A`)がお勤め
しているビルはそういうのが関係ない所なので、
通勤の時ぐらいかなあ、それらしく感じるのは。

最近は予断を許さない天候ですので、皆さんも気を
付けてくださいね。
それでは、また!▲(‘A`)/