[an error occurred while processing this directive]
kamomeのHDDですが、2台ともパーティション情報が壊れてました・・・

第200日目:kamomeのHDDですが、2台ともパーティション情報が壊れてました・・・

どうも、▲('A`)です。
えーと昨日は病院で検査を受けていまして、お休みしておりました。
今日は今日で、左のお尻に膿(粉瘤)がたまってパンパンに腫れたので、
病院で畳針みたいなので2か所穴を開けてムギュムギュっと出してきました。
(まあ、麻酔なしでやるんですけど、ね。いつもながら辛かったなあ・・・)
先生曰く「('A`)さん、右の方も腫れているようだけど、抜くかい?」
そこは('A`)「連休に入るし、痛みも無いので、様子を見ましょうよ」と
説得して、回避しました、ハア・・・
(いつの間にか尻(ケツ)マイスターと呼ばれている▲('A`)です。。。)

えーと、朝からあまり美しくないお話をしましたが、結構つらいのですよ。
左のお尻はガッツリガーゼとか貼り重ねてテーピングで固めているので、
歩くのもぎこちなくなったり、椅子に座るのも大変です。
今この日記を書いている体制も、机の上にあるPCの上にキーボードを載せて、
大阪の立ち飲み屋よろしくの体制で書いています。

で、root兄(・∀・)からはスレ上のむむむさんのお話を教えてもらいました。
えーと、AHCIモードで動いていないサーバだったのね。7.0Rだったのね。。。。
まあ、もう一度その環境(7.0R amd64 AHCIモードなし)を用意して確認してみますが、
そもそもこんなメッセージが表示される様だと、それ以前かなあ、と。

そうです。前回の日記で予告した様にあまりよろしくない結果です!
(パーティション情報が吹っ飛んでいます、ハイ。)

実はハイブリッドBananaサーバの環境(8.1R amd64 AHCIモード)を一昨日用意して、
試しに繋いでみたのです。その時の表示されたメッセージはこんな感じでした。
ちなみに下記のメッセージで表示される各装置起動名とHDDの対応関係は
以下の通りです。
(2010/09/17 12:40 追記:7.0R amd64 AHCIモード無しのサーバでの結果を
追記しました。コチラからどうぞ)

(2010/09/17 13:30 追記2:hayabusaのラベル情報を載せてみました。
コチラからどうぞ)

(2010/09/17 14:30 追記3:hayabusaのfdisk情報を載せてみました。
コチラからどうぞ)

(2010/09/18 16:10 追記6ぐらいかなあ・・・:dd_rescueでのkamomeの
HDD複製の詳細を載せてみました。
コチラからどうぞ)

ada0 = 社内サーバのオリジナルSATA HDD
ada1 = 社内サーバのオリジナルSSD HDD
ada2 = kamomeのSATA HDD
ada3 = kamomeのSSD HDD

[dmesgの結果]
ada0: <ST3250620AS 3.AAD> ATA-7 SATA 2.x device
ada0: 300.000MB/s transfers (SATA 2.x, UDMA6, PIO 8192bytes)
ada0: Command Queueing enabled
ada0: 238475MB (488397168 512 byte sectors: 16H 63S/T 16383C)
ada1 at ahcich1 bus 0 scbus1 target 0 lun 0
ada1: <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> ATA-7 SATA 2.x device
ada1: 300.000MB/s transfers (SATA 2.x, UDMA6, PIO 8192bytes)
ada1: Command Queueing enabled
ada1: 76319MB (156301488 512 byte sectors: 16H 63S/T 16383C)
ada2 at ahcich2 bus 0 scbus2 target 0 lun 0
ada2: <ST3250310AS 4.AAA> ATA-7 SATA 2.x device
ada2: 300.000MB/s transfers (SATA 2.x, UDMA6, PIO 8192bytes)
ada2: Command Queueing enabled
ada2: 238475MB (488397168 512 byte sectors: 16H 63S/T 16383C)
ada3 at ahcich3 bus 0 scbus3 target 0 lun 0
ada3: <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> ATA-7 SATA 2.x device
ada3: 300.000MB/s transfers (SATA 2.x, UDMA6, PIO 8192bytes)
ada3: Command Queueing enabled
ada3: 76319MB (156301488 512 byte sectors: 16H 63S/T 16383C)


[/dev(lsコマンドの結果)]
crw-r-----  1 root  operator    0,  99 Sep 15 09:21 ada0
crw-r-----  1 root  operator    0, 101 Sep 15 09:21 ada0s1
crw-r-----  1 root  operator    0, 105 Sep 15 09:21 ada0s1a
crw-r-----  1 root  operator    0, 106 Sep 15 09:21 ada0s1b
crw-r-----  1 root  operator    0, 107 Sep 15 09:21 ada0s1d
crw-r-----  1 root  operator    0, 108 Sep 15 09:21 ada0s1e
crw-r-----  1 root  operator    0, 100 Sep 15 09:21 ada1
crw-r-----  1 root  operator    0, 102 Sep 15 09:21 ada1s1
crw-r-----  1 root  operator    0, 109 Sep 15 09:21 ada1s1d
crw-r-----  1 root  operator    0, 110 Sep 15 09:21 ada1s1e
crw-r-----  1 root  operator    0, 103 Sep 15 09:21 ada2
crw-r-----  1 root  operator    0, 104 Sep 15 09:21 ada3

(ノA`)゜。゜。ada2sなんちゃらとか、ada3sなんちゃらとかが
表示されないよーウワーンンンンン!


[fdiskコマンドの結果]
# fdisk ada0
******* Working on device /dev/ada0 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 488397105 (238475 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 1023/ head 15/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>

# fdisk ada1
******* Working on device /dev/ada1 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 156301425 (76319 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 1023/ head 15/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>

# fdisk ada2 ******* Working on device /dev/ada2 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

fdisk: invalid fdisk partition table foundココ注目!
Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 488397105 (238475 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 168/ head 15/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>

# fdisk ada3
******* Working on device /dev/ada3 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

fdisk: invalid fdisk partition table foundココ注目!
Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 156301425 (76319 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 436/ head 15/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>
#
[bdslabel情報]
# disklabel ada0s1
# /dev/ada0s1:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
a: 2097152 0 4.2BSD 0 0 0
b: 16777216 2097152 swap c: 488397105 0 unused 0 0 # "raw" part, don't
edit
d: 8388608 18874368 4.2BSD 0 0 0
e: 461134129 27262976 4.2BSD 0 0 0

# disklabel ada1s1
# /dev/ada1s1:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
c: 156301425 0 unused 0 0 # "raw" part, don't
edit
d: 16777216 0 4.2BSD 0 0 0
e: 139524209 16777216 4.2BSD 0 0 0

# disklabel ada2s1
disklabel: unable to get correct path for ada2s1: No such file or directory

# disklabel ada3s1
disklabel: unable to get correct path for ada3s1: No such file or directory
#


まあ、kakomeのHDDでBSDLABELが見れないのはそもそもパーティション情報が
ちゃんとls /devコマンドで見れていないので、表示されないのはやむなし、です。
しかし、まあ、なんということでしょう。
HDDが2台ともラベル情報が吹っ飛んでいるなんて、、、
これじゃあ、ブートできなくて当たり前です、ハイ。

さて、▲('A`)としては、ラベル情報を書いてあげれば読める様になるかも、と
言われていますが、ちょっと自信が無いし、HDDはこの1セットしかないので、
時間がかかるかもしれませんが、できれば別の方法を試してみたいなあ、、と
思っていたりします。

ちょっとgoogleさんで調べたら、こんなページを見つけました。
「ディスクがBIOSから認識しなくても諦めるな!」

「TestDisk & PhotoRec : 復元率の高いファイルリカバリーフリーソフト」

まあ、ちょっと社内のみんなと相談して今後の方針を決めたいと思います。
ちょっと予想以上の状態になっています。時間がかかるかもしれませんが、
データを取り出しできればいいなあ、と思っています。
(なんとかオリジナルのHDDを壊さない様に気をつけます、ハイ。)

それでは、また。▲('A`)/

【追記 12:40】
どうも、どうも▲('A`)です。
えーと、7.0R amd64 AHCIモード無しのサーバでHDDを繋いだ結果です。
(まあ、AHCIモードありの8.1R amd64サーバの時とあまり変わりがないです。)
[OSバージョン]
# uname -a
FreeBSD w44.maido3.cc 7.0-RELEASE FreeBSD 7.0-RELEASE #0: Sun Feb 24 10:35:36 UTC 2008
root@driscoll.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC amd64

[dmesg]
# dmesg

(省略)

acd0: DVDR <TOSHIBA DVD-ROM SD-R5112/1M34> at ata4-master UDMA33
ad10: 238475MB <Seagate ST3250620AS 3.AAD> at ata5-master SATA300
ad12: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata6-master SATA300
ad14: 238475MB <Seagate ST3250310AS 4.AAA> at ata7-master SATA300
ad16: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata8-master SATA300
#

ad10 = 社内サーバのオリジナルSATA HDD
ad12 = 社内サーバのオリジナルSSD HDD
ad14 = kamomeのSATA HDD
ad16 = kamomeのSSD HDD

[/devの情報]
# ls /dev/
acd0
acpi
ad10
ad10s1
ad10s1a
ad10s1b
ad10s1c
ad10s1d
ad10s1e
ad12
ad12s1
ad12s1c
ad12s1d
ad12s1e
ad14
ad16
#

[fdiskの結果]
# fdisk /dev/ad10
******* Working on device /dev/ad10 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 488392002 (238472 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 1023/ head 254/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>

# fdisk /dev/ad12
******* Working on device /dev/ad12 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 156296322 (76316 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 1023/ head 254/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>

# fdisk /dev/ad14
******* Working on device /dev/ad14 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

fdisk: invalid fdisk partition table found
Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 488397105 (238475 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 168/ head 15/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>

# fdisk /dev/ad16
******* Working on device /dev/ad16 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

fdisk: invalid fdisk partition table found
Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 156301425 (76319 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 436/ head 15/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>
#

[bsdlabelの結果]
# bsdlabel /dev/ad10s1
# /dev/ad10s1:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
a: 2097152 0 4.2BSD 2048 16384 28528
b: 16777216 2097152 swap
c: 488392002 0 unused 0 0 # "raw" part, don't edit
d: 8388608 18874368 4.2BSD 2048 16384 28528
e: 461129026 27262976 4.2BSD 2048 16384 28528

# bsdlabel /dev/ad12s1
# /dev/ad12s1:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
c: 156296322 0 unused 0 0 # "raw" part, don't edit
d: 16777216 0 4.2BSD 2048 16384 28528
e: 139519106 16777216 4.2BSD 2048 16384 28528
#

# bsdlabel /dev/ad14s1
bsdlabel: /dev/ad14s1: No such file or directory

# bsdlabel /dev/ad16s1
bsdlabel: /dev/ad16s1: No such file or directory
#


【追記 13:30】
えーと、むむむさんのお話だと、以前のkamomeはhayabusa(tiger3552)と
パーティション構成が同じである、という事なので、ちょっとhayabusaの方を
覗いてみました。
[dmesgの結果]
tiger3552# dmesg

ad4: 238475MB <Seagate ST3250410AS 3.AAA> at ata2-master SATA300
ad6: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata3-master SATA300

Trying to mount root from ufs:/dev/ad4s1a

tiger3552#

ほう、珍しい。いつもだとad10とad12に繋がっているケースが多いのですが、
こいつはad4とad6にHDDが繋がっているのですね。
まあ、ハイブリッドサーバ開発の魁ですから、A-Tigerの足回りだけ差し替えたと
言って良いでしょう。

[ls /devの結果]
tiger3552# ls /dev
acpi
ad4
ad4s1
ad4s1a
ad4s1b
ad4s1c
ad4s1d
ad4s1e
ad6
ad6s1
ad6s1c
ad6s1d
ad6s1e
ata

tiger3552#

さて、ではラベル情報ですよ。

[bsdlabelの結果]
tiger3552# bsdlabel /dev/ad4s1a
bsdlabel: /dev/ad4s1a: no valid label found

tiger3552# bsdlabel /dev/ad4s1b
# /dev/ad4s1b:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
a: 2097152 50331711 4.2BSD 2048 16384 28528
b: 50331648 63 swap
c: 488392002 63 unused 0 0 # "raw" part, don't edit
d: 4194304 52428863 4.2BSD 2048 16384 28528
e: 431768898 56623167 4.2BSD 2048 16384 28528
partition a: offset past end of unit
partition a: partition extends past end of unit
partition b: partition extends past end of unit
partition c: partition extends past end of unit
bsdlabel: partition c doesn't start at 0!
bsdlabel: partition c doesn't cover the whole unit!
bsdlabel: An incorrect partition c may cause problems for standard system utilities
partition d: offset past end of unit
partition d: partition extends past end of unit
partition e: offset past end of unit
partition e: partition extends past end of unit

tiger3552# bsdlabel /dev/ad4s1c
# /dev/ad4s1c:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
a: 2097152 50331711 4.2BSD 2048 16384 28528
b: 50331648 63 swap
c: 488392002 63 unused 0 0 # "raw" part, don't edit
d: 4194304 52428863 4.2BSD 2048 16384 28528
e: 431768898 56623167 4.2BSD 2048 16384 28528
partition c: partition extends past end of unit
bsdlabel: partition c doesn't start at 0!
bsdlabel: An incorrect partition c may cause problems for standard system utilities
partition e: partition extends past end of unit

tiger3552# bsdlabel /dev/ad4s1d
bsdlabel: /dev/ad4s1d: no valid label found

tiger3552# bsdlabel /dev/ad4s1e
bsdlabel: /dev/ad4s1e: no valid label found

tiger3552# bsdlabel /dev/ad6s1c
# /dev/ad6s1c:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
c: 156296322 63 unused 0 0 # "raw" part, don't edit
d: 16777216 63 4.2BSD 2048 16384 28528
e: 139519106 16777279 4.2BSD 2048 16384 28528
partition c: partition extends past end of unit
bsdlabel: partition c doesn't start at 0!
bsdlabel: An incorrect partition c may cause problems for standard system utilities
partition e: partition extends past end of unit

tiger3552# bsdlabel /dev/ad6s1d
# /dev/ad6s1d:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
c: 156296322 63 unused 0 0 # "raw" part, don't edit
d: 16777216 63 4.2BSD 2048 16384 28528
e: 139519106 16777279 4.2BSD 2048 16384 28528
partition c: partition extends past end of unit
bsdlabel: partition c doesn't start at 0!
bsdlabel: partition c doesn't cover the whole unit!
bsdlabel: An incorrect partition c may cause problems for standard system utilities
partition d: partition extends past end of unit
partition e: offset past end of unit
partition e: partition extends past end of unit

tiger3552# bsdlabel /dev/ad6s1d
# /dev/ad6s1d:
8 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize bps/cpg]
c: 156296322 63 unused 0 0 # "raw" part, don't edit
d: 16777216 63 4.2BSD 2048 16384 28528
e: 139519106 16777279 4.2BSD 2048 16384 28528
partition c: partition extends past end of unit
bsdlabel: partition c doesn't start at 0! bsdlabel: partition c doesn't cover the whole unit!
bsdlabel: An incorrect partition c may cause problems for standard system utilities
partition d: partition extends past end of unit
partition e: offset past end of unit
partition e: partition extends past end of unit

tiger3552# bsdlabel /dev/ad6s1e
bsdlabel: /dev/ad6s1e: no valid label found
tiger3552#



HDDが壊れていなかったら、こんな風に表示されるはずだったのね。
なるほど。。。。

えーと、抗生物質を飲んでいるのですが、どうも熱っぽいです。
尻に穴を開けたから、仕方がないか・・・ちょっと暖かいコーヒーでも飲んで
おとなしくしていよう。

【追記 14:30】
えーと、root兄(・∀・)からfdiskの情報も載せておいて、とリクエストが
入りましたので、以下で記載します。

[fdiskコマンドの結果]
tiger3552# fdisk /dev/ad4
******* Working on device /dev/ad4 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=484521 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 488392002 (238472 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 1023/ head 254/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>

tiger3552# fdisk /dev/ad6
******* Working on device /dev/ad6 *******
parameters extracted from in-core disklabel are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Figures below won't work with BIOS for partitions not in cyl 1
parameters to be used for BIOS calculations are:
cylinders=155061 heads=16 sectors/track=63 (1008 blks/cyl)

Media sector size is 512
Warning: BIOS sector numbering starts with sector 1
Information from DOS bootblock is:
The data for partition 1 is:
sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD)
start 63, size 156296322 (76316 Meg), flag 80 (active)
beg: cyl 0/ head 1/ sector 1;
end: cyl 1023/ head 254/ sector 63
The data for partition 2 is:
<UNUSED>
The data for partition 3 is:
<UNUSED>
The data for partition 4 is:
<UNUSED>



えーと、▲('A`)の方はportsでtestdiskがあるのを見つけたので、さっそくインストールして
動かしてみました。が、、、どうしてHDDが表示されないの?

パーティションがおかしいHDDだけならともかく、社内サーバオリジナルのHDDも無い様に
見受けられます。トホホ・・・

# dmesg
acd0: DVDR <TOSHIBA DVD-ROM SD-R5112/1M34> at ata4-master UDMA33 ad10: 238475MB <Seagate ST3250620AS 3.AAD> at ata5-master SATA300 ad12: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata6-master SATA300 ad14: 238475MB <Seagate ST3250310AS 4.AAA> at ata7-master SATA300 ad16: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata8-master SATA300
# pkg_info
jpeg-6b_4 IJG's jpeg compression utilities
testdisk-6.8 Tool to check and undelete partitions

# testdisk /list /log
TestDisk 6.8, Data Recovery Utility, August 2007
Christophe GRENIER <grenier@cgsecurity.org>
http://www.cgsecurity.org
Please wait...
Disk /dev/acd0 - 8796 GB / 8191 GiB - CHS 267349 255 63, sector size=2048

Disk /dev/acd0 - 8796 GB / 8191 GiB - CHS 267349 255 63
Partition Start End Size in sectors

Partition: Read error
#

ちなみに/dev/adc0というのはIDEで繋いでいるCD-ROMドライブです・・・

うーん、遥かな道のりかも・・・・


【追記 15:30】
えーと、portsのsysutilの中を調べたら、dd_rescueというソフトを見つけました。
HDD全体を別のHDDにコピーするというツールです。で、エラーがあるセクタも
コピーできるそうです。
そうか、これを使えば、kamomeのHDDの複製が作れるなあ。
ただ、今からだとどのくらい時間がかかるか判らないので、明日朝一で動かしてみます。
まずは社内サーバにインストールして、と。
どうせなら最新版を入れよう。

ただ、こいつは送り元と送り先を間違えると、悲しい結果になるので、一人で作業
しないのが鉄則です・・・

dd_rescue [送り元(装置記号名)] [送り先(装置記号名)](17:30訂正)

ad10: 238475MB <Seagate ST3250620AS 3.AAD> at ata5-master SATA300 ad12: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata6-master SATA300 ad14: 238475MB <Seagate ST3250310AS 4.AAA> at ata7-master SATA300 ad16: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata8-master SATA300
今回の例で行けばSSDについては
dd_rescue /dev/ad16 /dev/ad12
で良いはず。
で、SATAの方はまっさらなHDDを確保して、そいつをマウントしてから、だなあ。

丸ごとコピーだから、当然送り先の容量は送り元と同じかそれ以上無いとダメです。

【追記 17:30】
えーと、社内サーバを使ってdd_rescueの練習をしています。
さっき書いたコマンドで一部誤りがありました。ddrescueではなく、dd_rescueでした。
実際の実行例の表示をスクリーンショットで撮ってみました。

えーとこの例はSSDの中身をSSDにコピーしています。
infoの処でiposと言うのが読み出しのバイト数、oposが書き出しのバイト数、
+curr.rateの処がデータ転送スピードを表しているんじゃないかなあ、と。
(まあ、なんといい加減な解説でしょう・・・)
実際の表示ではこの数字の個所がくるくるスロットの様に動いています。
で、SSD同志だと早いです。80GBをコピーするのに15分あれば足りるようです。


SATA同志だと、ちょっとスピードは落ちます。
(まあ、コピーの範囲が大きいから、しょうがない面もありますが。。。)

で、練習の結果、成功したら、次は実際のkamomeのHDDをコピーして「複製」を
作ってみようと思います。

【追記 2010/09/18 16:10】
▲('A`)/どうも。コソーリ更新です。
世の中は連休でお出かけしている人もいらっしゃるかと思いますが、
今日は会社でお仕事だったりします・・・

えーと、先ほど社内サーバを使ってkamomeのSATA&SSDの「複製」を作ってみました。
(たぶん複製できたと思います。)

で、まずは複製を作る前の社内サーバのパーティション情報と
ls /devの結果を書いておきます。
(これは後で姿が変わるので、記憶にとどめておいて下さいね。)

[パーティション情報]

# df
Filesystem 1K-blocks Used Avail Capacity Mounted on
/dev/ad10s1a 4058062 928444 2804974 25% /
devfs 1 1 0 100% /dev
/dev/ad10s1d 230418196 4 211984738 0% /backup
/dev/ad12s1d 8122126 308 7472048 0% /backup2
/dev/ad18s1d 4058062 654782 3078636 18% /backup3
#

[ls /devの結果]

# ls /dev
acd0
acpi
ad10
ad10s1
ad10s1a
ad10s1b
ad10s1d
ad12
ad12s1
ad12s1d
ad12s1e
ad14
ad16
ad18
ad18s1
ad18s1a
ad18s1b
ad18s1d
ad18s1e
agpgart
#


[各ディスクの内訳]

ad10: 238475MB <Seagate ST3250620AS 3.AAD> at ata5-master UDMA100 SATA 3Gb/s
ad12: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata6-master UDMA100 SATA 3Gb/s
ad14: 238475MB <Seagate ST3250310AS 4.AAA> at ata7-master UDMA100 SATA 3Gb/s
ad16: 76319MB <INTEL SSDSA2M080G2GC 2CV102HD> at ata8-master UDMA100 SATA 3Gb/s
ad18: 238475MB <Seagate ST3250620AS 3.AAD> at ata9-master UDMA100 SATA 3Gb/s

ad10:起動ディスク
ad12:SSD複製用HDD
ad14:kamomeのSATA
ad16:kamomeのSSD
ad18:SATA複製用HDD

というHDDの内訳です。

このパターンだと、ad16 -> ad12、ad14 -> ad18にコピーをします。

で、dd_rescueではこういうコマンドで実行しました。

dd_rescue /dev/ad16 /dev/ad12
dd_rescue /dev/ad14 /dev/ad18


実行結果は以下の通りです。

# dd_rescue /dev/ad16 /dev/ad12
dd_rescue: (info): ipos: 78150720.0k, opos: 78150720.0k, xferd: 78150720.0k
errs: 0, errxfer: 0.0k, succxfer: 78150720.0k
+curr.rate: 74009kB/s, avg.rate: 73042kB/s, avg.load: 4.4%
dd_rescue: (info): /dev/ad16 (78150744.0k): EOF
Summary for /dev/ad16 -> /dev/ad12:
dd_rescue: (info): ipos: 78150744.0k, opos: 78150744.0k, xferd: 78150744.0k
errs: 0, errxfer: 0.0k, succxfer: 78150744.0k
+curr.rate: 78947kB/s, avg.rate: 73042kB/s, avg.load: 4.4%
#

#
# dd_rescue /dev/ad14 /dev/ad18
dd_rescue: (info): ipos: 244198528.0k, opos: 244198528.0k, xferd: 244198528.0k
errs: 0, errxfer: 0.0k, succxfer: 244198528.0k
+curr.rate: 39911kB/s, avg.rate: 61887kB/s, avg.load: 3.6%
dd_rescue: (info): /dev/ad14 (244198592.0k): EOF
Summary for /dev/ad14 -> /dev/ad18:
dd_rescue: (info): ipos: 244198592.0k, opos: 244198592.0k, xferd: 244198592.0k
errs: 0, errxfer: 0.0k, succxfer: 244198592.0k
+curr.rate: 61336kB/s, avg.rate: 61887kB/s, avg.load: 3.6%
#


で、試しにls /devを見てみると、前と違う姿になりました。
# ls /dev
acd0
acpi
ad10
ad10s1
ad10s1a
ad10s1b
ad10s1d
ad12
ad14
ad16
ad18
agpgart
#


判りますか?コピーをした事によって、ad12とad18に書かれていた
パーティション情報が上書き(?)されて無くなっちゃったのです。

ad12には/backup2、ad18には/backup3というパーティションを作っていました。
これが無くなったという事は、裏を返すと「ちゃんと複製された」という事じゃ
ないかなと、勝手に思っていたりします。
(うまくできていなかったら、ゴメンなさいね。データが取り出せるまでは
ハッキリとは判らないですから・・・)

まあ、このままだと、マウントすらできないので、次回はこの複製をつかって
パーティションをマウントできる様にしてみます。

その前に、複製したHDDをつかってもう1セット複製を作ります。
オリジナルのHDDはあまり触りたくないですし(壊したくないので)、
複製が万一壊れたら作業がストップさせたくないので、、、、

で、開発室のこのスレでむむむさんがtestdiskの使い方を
解説されていたので、ちょっと試してみます。
が、今日はもうすぐ時間切れになりそうです・・・

次回までお待ち下さい。
それでは、また。▲('A`)/

199日目に戻る。   201日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
[an error occurred while processing this directive]