[an error occurred while processing this directive]
MySQL 5.5系が動かなくってハマりました・・・▲('A`)

第228日目:MySQL 5.5系が動かなくってハマりました・・・▲('A`)

【追記2 2011/01/21 16:40】
どうもどうも、▲('A`)/です。
度々すみませんねえ。
さて、社内サーバを使って7.4-RC2のベンチ取ってみました。
トータルスコアで7.x系では初の500超えとなりました。
504.6でした。
まあ、こいつはその時々のマシンの具合で値が変わってくるので、
参考程度に見て下さい。
それでも感じとしては洗練されてきているかな、と思います、ハイ。
ベンチ結果の詳細はココをクリックするとページの下の方に飛んでいきます。
それでは、また。

【追記 2011/01/21 15:20】
はいはい、▲('A`)/です。
えーと、FreeBSD本家サイトを覗いてみたら、7.4-RC2のISOイメージが
ありました。こちらから入手できます。
(disk1.isoだけで大丈夫だと思います、ハイ。)
さっきまでMySQLのインストールパッケージを作っていたので、これから
社内サーバに入れてベンチ走らせてみようと思います。
あ、そうそう。脳内妄想【ぷろじぇくと さんでぃー】ですが、
とりあえず▲('A`)の家計をやりくりして、予算を組めるようになりました。
あとは直接お店に行って交渉ですが、もしかすると一部のパーツが変わるかも。
そっちの方も動きがあったら、おいおいお知らせします、ハイ。
という事で、今日は追記なので、twitterでつぶやいてお知らせしようかな、と
思ってログインしようとしたら・・・ありゃりゃ!twitterにログインできません。
何でも「Twitter is over capacity.」なんだそうです。ハア。
なんだかなあ・・・・・それでは、また。

↓ 本編はこちらです。

(2011/01/20 14:00)
どうも、▲('A`)/です。
さて札幌は昨日・今日とお日様が出て、久しぶりに昼の世界が明るいです。
ただ、気温もちょっとずつ上がっている様で、路面の雪が締まってきて、
硬くなってきています。
なので札幌に来られる人は滑らない靴を履いて来て下さい。

さて、昨日本編と追記で書いたMySQLのインストールについてお話します。
いやあ・・・ハマりましたよ、ハイ。
なんか結論として今までと違う事しないと動かないです。
パッケージ化もちょっと工夫しないと・・・はあ。

FreeBSD 8.1R の ports に収録されている MySQL 5.5系の
バージョンは 5.5.4 (正確には 5.5.4-m3)となります。
しかし、まあ、普通にインストールしようとすると、2011/01時点で
いきなりエラーになります。
ファイルが見つからない、って内容です。ガックシですよ、ハイ。

しょうがないので、mysql-5.5.4-m3のファイルを探して、
/usr/ports/distfiles/ の中に入れておきます。
portsからインストールする場合、最初にこのディレクトリに
ファイルがあるかを確認してから、Makefile等に記述されている
取得先を訪ねに行くのです、ハイ。
cd /usr/ports/distfiles/
fetch http://ほにゃららさーば/mysql-5.5.4-m3.tar.gz
cd /usr/ports/databases/mysql55-server
make WITH_CHARSET=sjis WITH_XCHARSET=complex install clean

なんで、デフォルトの文字コードのセット(WITH_CHARSET)をsjisに
しているの?と思われたかたもいらっしゃるかも知れませんが、
sjisって標準では入らないんです。
日本語でもutf8で対応できる文字なら良いのですが、どうしても
クライアント側でデータを更新したりする際にsjisが使えたら、と
いう声が高いので、それなら組み込んでしまえ、という事です、ハイ。
(後で使用する文字コードは変更できますし、ね。)

rehash してから pkg_info を実行すると以下のモジュールが
見つかります、ハイ。

mysql-client-5.5.4 Multithreaded SQL database (client)
mysql-server-5.5.4 Multithreaded SQL database (server)

で、これも実行しておきます。
他の5.0、5.1系だとMySQL本体側をインストールすると入ったのですが
今回は自分で入れないとダメでした。
cd /usr/ports/databases/p5-DBD-mysql55
make install clean

すると、以下のモジュールがインストールされます。

p5-DBD-mysql55-4.013 MySQL 5.5 driver for the Perl5 Database Interface (DBI)
p5-DBI-1.61.1       The perl5 Database Interface.  Required for DBD::* modules

で、起動用のスクリプトは /usr/local/etc/rc.d に作られます。
w44# ls -l /usr/local/etc/rc.d
total 4
-r-xr-xr-x  1 root  wheel   659 Jun 29  2010 dbus
-r-xr-xr-x  1 root  wheel  1861 Jan 20 03:45 mysql-server
w44# 

さて、さっそく動かしてみようと以下のコマンドを叩いて
ps ax でモニタしてたら、途中でプロセスが消えちゃった。。。
なんだかなあ、と。

w44# /usr/local/etc/rc.d/mysql-server start
Starting mysql.
w44# 

[ps ax 1回目]
 6836   0  S      0:00.05 -su (csh)
40915   0  S+     0:00.01 /bin/sh /usr/local/etc/rc.d/mysql-server start
41028   0  S+     0:00.00 sleep 1
41031   1  R+     0:00.00 ps ax

[ps ax 2回目]
 6836   0  S+     0:00.05 -su (csh)
41088   1  R+     0:00.00 ps ax

で、こういう時には /var/db/mysql の中にエラーファイルが
出力されているものです。
(ホスト名.err という名前で作られている、はず。)
ちょっと中身を見てみると、こんな内容でした。
w44# cd /var/db/mysql
w44# ls -l
total 28726
-rw-rw----  1 mysql  mysql   5242880 Jan 20 03:48 ib_logfile0
-rw-rw----  1 mysql  mysql   5242880 Jan 20 01:42 ib_logfile1
-rw-rw----  1 mysql  mysql  18874368 Jan 20 03:32 ibdata1
drwx------  2 mysql  mysql      2048 Jan 20 03:33 mysql
drwx------  2 mysql  mysql       512 Jan 20 01:39 test
-rw-rw----  1 mysql  mysql       869 Jan 20 03:48 w44.maido3.cc.err <===注目!
w44# 

[エラーファイル(w44.maido3.cc.err)の中身]
w44# cat w44.maido3.cc.err 
110120 03:48:56 mysqld_safe Starting mysqld daemon with databases
 from /var/db/mysql
110120  3:48:56 [Note] Buffered information: Performance schema
 disabled (reason: start parameters).

110120  3:48:56 [Note] Plugin 'FEDERATED' is disabled.
/usr/local/libexec/mysqld: Table 'mysql.plugin' doesn't exist
110120  3:48:56 [ERROR] Can't open the mysql.plugin table.
 Please run mysql_upgrade to create it.
InnoDB: The InnoDB memory heap is disabled
InnoDB: Mutexes and rw_locks use GCC atomic builtins
InnoDB: Compressed tables use zlib 1.2.3
110120  3:48:56  InnoDB: highest supported file format is Barracuda.
110120  3:48:56 InnoDB 1.1.0 started; log sequence number 1595687
110120  3:48:56 [ERROR] Fatal error: Can't open and lock privilege tables:
 Table 'mysql.host' doesn't exist
110120 03:48:56 mysqld_safe mysqld from pid file
 /var/db/mysql/w44.maido3.cc.pid ended
w44# 

実は他にも気になる点があったのです。データベース本体を
格納する /var/db/mysql/mysql の中がからっぽだったのです。
w44# ls -l mysql
total 0                  <=== あらら、空っぽなのね・・・
w44#

他のバージョン(5.0系とか5.1系)をインストールした時には
そんな事無かったのに・・・

上のメッセージで最後の2行がポイントです。
「mysql.host」というテーブルが無いよ!、と文句を言われています。
まあね、しょうがないよね、/var/db/mysqlの中が空っぽなんだから・・・

さて、どうしたものかと調べてみると、どうやら、以下のコマンドで
データベースを作ってあげれば良いみたい。

/usr/local/bin/mysql_install_db --user=mysql
で、実行すると以下の様なメッセージが表示されます。
w44# /usr/local/bin/mysql_install_db  --user=mysql
Installing MySQL system tables...
110120  3:54:22 [Note] Buffered information: Performance schema disabled
 (reason: start parameters).

OK
Filling help tables...
110120  3:54:22 [Note] Buffered information: Performance schema disabled
 (reason: start parameters).

OK

To start mysqld at boot time you have to copy
support-files/mysql.server to the right place for your system

PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MySQL root USER !
To do so, start the server, then issue the following commands:

/usr/local/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'
/usr/local/bin/mysqladmin -u root -h w44.maido3.cc password 'new-password'

Alternatively you can run:
/usr/local/bin/mysql_secure_installation

which will also give you the option of removing the test
databases and anonymous user created by default.  This is
strongly recommended for production servers.

See the manual for more instructions.

You can start the MySQL daemon with:
cd /usr/local ; /usr/local/bin/mysqld_safe &

You can test the MySQL daemon with mysql-test-run.pl
cd /usr/local/mysql-test ; perl mysql-test-run.pl

Please report any problems with the /usr/local/bin/mysqlbug script!

w44# 

さてどうなったか確認してみましょう。テーブルは作られているかな?
w44# ls -l /var/db/mysql
total 28728
-rw-rw----  1 mysql  mysql   5242880 Jan 20 03:48 ib_logfile0
-rw-rw----  1 mysql  mysql   5242880 Jan 20 01:42 ib_logfile1
-rw-rw----  1 mysql  mysql  18874368 Jan 20 03:32 ibdata1
drwx------  2 mysql  mysql      2048 Jan 20 03:54 mysql
drwx------  2 mysql  mysql      1024 Jan 20 03:54 performance_schema
drwx------  2 mysql  mysql       512 Jan 20 01:39 test
-rw-rw----  1 mysql  mysql       869 Jan 20 03:48 w44.maido3.cc.err
w44# 
performance_schema というディレクトリが作られています。
w44# ls -l /var/db/mysql/mysql total 884 -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 columns_priv.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 4096 Jan 20 03:54 columns_priv.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8820 Jan 20 03:54 columns_priv.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 880 Jan 20 03:54 db.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 5120 Jan 20 03:54 db.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 9582 Jan 20 03:54 db.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 event.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 2048 Jan 20 03:54 event.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 10223 Jan 20 03:54 event.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 func.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 func.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8665 Jan 20 03:54 func.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 35 Jan 20 03:54 general_log.CSM -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 general_log.CSV -rw-rw---- 1 mysql mysql 8776 Jan 20 03:54 general_log.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 21497 Jan 20 03:54 help_category.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 3072 Jan 20 03:54 help_category.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8700 Jan 20 03:54 help_category.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 88847 Jan 20 03:54 help_keyword.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 17408 Jan 20 03:54 help_keyword.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8612 Jan 20 03:54 help_keyword.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 8901 Jan 20 03:54 help_relation.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 18432 Jan 20 03:54 help_relation.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8630 Jan 20 03:54 help_relation.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 404172 Jan 20 03:54 help_topic.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 19456 Jan 20 03:54 help_topic.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8770 Jan 20 03:54 help_topic.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 host.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 2048 Jan 20 03:54 host.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 9510 Jan 20 03:54 host.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 ndb_binlog_index.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 ndb_binlog_index.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8778 Jan 20 03:54 ndb_binlog_index.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 plugin.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 plugin.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8586 Jan 20 03:54 plugin.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 292 Jan 20 03:54 proc.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 4096 Jan 20 03:54 proc.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 9996 Jan 20 03:54 proc.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 procs_priv.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 4096 Jan 20 03:54 procs_priv.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8875 Jan 20 03:54 procs_priv.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 servers.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 servers.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8838 Jan 20 03:54 servers.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 35 Jan 20 03:54 slow_log.CSM -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 slow_log.CSV -rw-rw---- 1 mysql mysql 8976 Jan 20 03:54 slow_log.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 tables_priv.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 4096 Jan 20 03:54 tables_priv.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8955 Jan 20 03:54 tables_priv.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 time_zone.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 time_zone.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8636 Jan 20 03:54 time_zone.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 time_zone_leap_second.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 time_zone_leap_second.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8624 Jan 20 03:54 time_zone_leap_second.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 time_zone_name.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 time_zone_name.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8606 Jan 20 03:54 time_zone_name.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 time_zone_transition.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 time_zone_transition.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8686 Jan 20 03:54 time_zone_transition.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 0 Jan 20 03:54 time_zone_transition_type.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 1024 Jan 20 03:54 time_zone_transition_type.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 8748 Jan 20 03:54 time_zone_transition_type.frm -rw-rw---- 1 mysql mysql 308 Jan 20 03:54 user.MYD -rw-rw---- 1 mysql mysql 2048 Jan 20 03:54 user.MYI -rw-rw---- 1 mysql mysql 10532 Jan 20 03:54 user.frm w44#

はい、出来ていました。host.frmも存在しています
で、エラーファイルを削除した後、もう一度起動のコマンドを実行します。
どうやらうまく行った様です。
では mysql にログインしてみます。インストール直後はrootのパスワードは
設定されていないので、パスワード入力要求は出てきません。

w44# mysql
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1
Server version: 5.5.4-m3 FreeBSD port: mysql-server-5.5.4

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> 

では、環境はどうなっているか、statusコマンドで見てみましょう。
mysql> status
--------------
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.5.4-m3, for portbld-freebsd8.1 (amd64) using  5.2

Connection id:          1
Current database:       
Current user:           root@localhost
SSL:                    Not in use
Current pager:          more
Using outfile:          ''
Using delimiter:        ;
Server version:         5.5.4-m3 FreeBSD port: mysql-server-5.5.4
Protocol version:       10
Connection:             Localhost via UNIX socket
Server characterset:    sjis
Db     characterset:    sjis
Client characterset:    latin1
Conn.  characterset:    latin1
UNIX socket:            /tmp/mysql.sock
Uptime:                 1 min 22 sec

Threads: 1  Questions: 4  Slow queries: 0  Opens: 33  Flush tables: 1 
 Open tables: 26  Queries per second avg: 0.48
--------------

mysql> 

はい、server側とDBの文字コードはデフォルトで sjis になって、
クライアントとクライアントから渡されるクエリをサーバ側が
変換する文字コード(Conn. characterset です)はlatin1に
なっています。

で、文字コードをsjisやlatin1からutf8に変えたい時には
/etc/my.cnfを作って文字コードを指定しましょう。

/etc/my.cnfの内容はこうです。
w44# cat /etc/my.cnf

[mysql]
default-character-set=utf8
[mysqld]
character-set-server=utf8
#default-character-set=utf8
w44# 

注意する点はmysqld(サーバ側)のパラメータを
mysql(クライアント側)と同じで指定すると、うまく動きません。
先程のエラーファイルにこんなメッセージが記録されます。
なので、default-character-set ではなく、character-set-server で指定しましょう。
110120  4:05:16 [ERROR] /usr/local/libexec/mysqld: unknown variable
 'default-character-set=utf8'
110120  4:05:16 [ERROR] Aborting

110120  4:05:16  InnoDB: Starting shutdown...
110120  4:05:21  InnoDB: Shutdown completed; log sequence number 1595687
110120  4:05:21 [Note] /usr/local/libexec/mysqld: Shutdown complete

110120 04:05:21 mysqld_safe mysqld from pid file
 /var/db/mysql/w44.maido3.cc.pid ended
w44# 

で、MySQLシステムを一旦停止し、再度起動します。
するとこう変化しました。
mysql> status
--------------
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.5.4-m3, for portbld-freebsd8.1 (amd64) using  5.2

Connection id:          1
Current database:       
Current user:           root@localhost
SSL:                    Not in use
Current pager:          more
Using outfile:          ''
Using delimiter:        ;
Server version:         5.5.4-m3 FreeBSD port: mysql-server-5.5.4
Protocol version:       10
Connection:             Localhost via UNIX socket
Server characterset:    utf8
Db     characterset:    utf8
Client characterset:    utf8
Conn.  characterset:    utf8
UNIX socket:            /tmp/mysql.sock
Uptime:                 11 sec

Threads: 1  Questions: 4  Slow queries: 0  Opens: 33  Flush tables: 1 
 Open tables: 26  Queries per second avg: 0.363
--------------

mysql> 

さてさて、とりあえずは動いたからよかった、よかった。
ただ、パッケージ化するには、今までのパッケージの細かい処を
直さないといけないなあ。うん。

なんでも、MySQLの5.5系は結構新機能がてんこ盛りで、性能も
5.1系より格段に向上した、という話です。
まあ、開発系に携わっている人とか、新しいものが好きな人は
挑戦してもいいんじゃないでしょうか?

個人的にはもう少し枯れてから使ってみようかなあ、と。
最近はソフトもハードも移り変わりが激しいので、ちょっと
様子見するだけで、遥かに良いものが出てきたりするのです、ハイ。

という事で、ようやっとお昼にありつけます。ホッ。
お昼を食べたら、引き続き社内サーバをいじいじします。
それでは、また!▲('A`)/

【7.4-RC2のベンチ(unixbench)結果】
FreeBSD 7.4-RC2 amd64 GENERIC (AHCIモード OFF です。)
============================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

   System: w44.maido3.cc: FreeBSD
   OS: FreeBSD -- 7.4-RC2 -- FreeBSD 7.4-RC2 #0: Wed Jan 19 17:42:37 UTC 2011
        root@driscoll.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC
   Machine: amd64 (GENERIC)
   Language: en_US.utf8 (charmap=, collate=)
   CPU: no details available
   6:51AM  up 5 mins, 1 user, load averages: 0.04, 0.18, 0.11; runlevel 

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Fri Jan 21 2011 06:51:06 - 07:19:21
unknown CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       10703562.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     2319.8 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                               1824.9 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        177105.0 KBps  (30.3 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           63795.5 KBps  (30.1 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks         80342.7 KBps  (31.2 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              773287.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 130464.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               6763.5 lps   (30.1 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   4431.4 lpm   (60.6 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    894.4 lpm   (60.4 s, 2 samples)
System Call Overhead                         614835.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   10703562.7    917.2
Double-Precision Whetstone                       55.0       2319.8    421.8
Execl Throughput                                 43.0       1824.9    424.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     177105.0    447.2
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      63795.5    385.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0      80342.7    138.5
Pipe Throughput                               12440.0     773287.5    621.6
Pipe-based Context Switching                   4000.0     130464.7    326.2
Process Creation                                126.0       6763.5    536.8
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       4431.4   1045.1
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        894.4   1490.7
System Call Overhead                          15000.0     614835.2    409.9
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         504.6
=======================================================================

ちなみに各バージョンのトータルスコアはこうなっています。
8.2のトータルスコアはAHCIモードONの状態で計測したものです。
(他のバージョンではAHCIモードOFFの状態で計測しています。)
何だか他に比べて悪く出ているのですが、8.2系のなだで見る限りは
安定化してきている様です。
ちなみに、日記第217日目、第220日目第226日目
ベンチ結果を掲載しておりますので、興味のある方は見て下さい。
(バージョン横の記号で B1‥‥BETA1、R1‥‥RC1、R2‥‥RC2 の意味です。)
[AHCIモードON]
8.2R2 System Benchmarks Index Score 465.2
8.2R1 System Benchmarks Index Score 459.9
8.2B1 System Benchmarks Index Score 466.1

[AHCIモードOFF]
8.2R2 System Benchmarks Index Score 474.2
8.2R1 System Benchmarks Index Score 474.7
8.2B1 System Benchmarks Index Score 484.9

8.1 System Benchmarks Index Score 483.3
8.0 System Benchmarks Index Score 482.9

7.4R2 System Benchmarks Index Score 504.6
7.4R1 System Benchmarks Index Score 495.7
7.4B1 System Benchmarks Index Score 493.7
7.3 System Benchmarks Index Score 499.2
7.2 System Benchmarks Index Score 496.3
7.1 System Benchmarks Index Score 495.7
7.0 System Benchmarks Index Score 498.6

(2011/01/21 18:40 追加) 参考までにAHCIモードOFFでRC1、RC2のベンチ結果です。
FreeBSD 8.2-RC2 amd64 GENERIC(AHCIモード OFF)
============================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

   System: w44.maido3.cc: FreeBSD
   OS: FreeBSD -- 8.2-RC2 -- FreeBSD 8.2-RC2 #0: Wed Jan 12 17:02:35 UTC 2011
        root@mason.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC
   Machine: amd64 (GENERIC)
   Language: en_US.utf8 (charmap=, collate=)
   CPU: no details available
   8:18AM  up 3 mins, 1 user, load averages: 0.26, 0.48, 0.24; runlevel 

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Fri Jan 21 2011 08:18:16 - 08:46:32
unknown CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       10939992.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     2358.6 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                               1852.5 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        177970.5 KBps  (30.3 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           65245.0 KBps  (30.1 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks         63255.5 KBps  (31.2 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              682768.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 126845.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               6418.9 lps   (30.1 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   4567.1 lpm   (60.6 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    876.8 lpm   (60.4 s, 2 samples)
System Call Overhead                         415138.8 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   10939992.0    937.4
Double-Precision Whetstone                       55.0       2358.6    428.8
Execl Throughput                                 43.0       1852.5    430.8
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     177970.5    449.4
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      65245.0    394.2
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0      63255.5    109.1
Pipe Throughput                               12440.0     682768.2    548.8
Pipe-based Context Switching                   4000.0     126845.0    317.1
Process Creation                                126.0       6418.9    509.4
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       4567.1   1077.2
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        876.8   1461.3
System Call Overhead                          15000.0     415138.8    276.8
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         474.2
============================================================================

FreeBSD 8.2-RC1 amd64 GENERIC(AHCIモード OFF)
============================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

   System: w44.maido3.cc: FreeBSD
   OS: FreeBSD -- 8.2-RC1 -- FreeBSD 8.2-RC1 #0: Wed Dec 22 17:34:20 UTC 2010
        root@mason.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC
   Machine: amd64 (GENERIC)
   Language: en_US.utf8 (charmap=, collate=)
   CPU: no details available
   9:01AM  up 2 mins, 1 user, load averages: 0.44, 0.46, 0.21; runlevel 

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Fri Jan 21 2011 09:01:42 - 09:29:58
unknown CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       10692040.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     2357.9 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                               1855.5 lps   (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        178469.5 KBps  (30.3 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           64987.5 KBps  (30.1 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks         66934.0 KBps  (31.2 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              684157.4 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 124603.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               6423.7 lps   (30.1 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   4514.6 lpm   (60.6 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    873.9 lpm   (60.4 s, 2 samples)
System Call Overhead                         419017.5 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   10692040.1    916.2
Double-Precision Whetstone                       55.0       2357.9    428.7
Execl Throughput                                 43.0       1855.5    431.5
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     178469.5    450.7
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      64987.5    392.7
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0      66934.0    115.4
Pipe Throughput                               12440.0     684157.4    550.0
Pipe-based Context Switching                   4000.0     124603.3    311.5
Process Creation                                126.0       6423.7    509.8
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       4514.6   1064.8
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        873.9   1456.5
System Call Overhead                          15000.0     419017.5    279.3
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         474.7
============================================================================


227日目に戻る。   229日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
[an error occurred while processing this directive]