[an error occurred while processing this directive]
【i5 2500K&T、ATOM D525】ワットチェッカで測ってみました

第272日目:【i5 2500K&T、ATOM D525】ワットチェッカで測ってみました

【追記 2011/06/13 17:40】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、Windows home server 2011のインストールの時にNICドライバを インストールする方法が判りました。後日日記でご説明しますね。
で、Windows home server 2011のインストールに続いて、FreeBSD 8.2R
をインストールできるか試してみました。
こちらもやはりNICドライバが認識されません。
搭載されているNICは Realtek RTL8111E チップ と言われるもので、
Realtekのサイトのココからドライバがダウンロードできます。
とりあえず、IntelのNICを指してオンラインにしてから、ドライバを
インストールして動くか確かめてみますね。

それでは、また!▲('A`)/

【追記 2011/06/13 15:10】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、先程Windows home server 2011のインストールがうまく行かない件を
書きましたが、どうやらNICが新しくて認識できなかった模様です。
で、以前dokuo号で使用したIntelのServer用LANアダプタ(EXP19400PT)だったら
エラーにならずにインストールできました。
けどね、そんなカードが無かった時どうするのって・・・
方法は確立しておかなきゃいけないので、もう少しゴニョゴニョしてみます。
ちなみにマザーボード付属のCDやGIGABYTEのサイトで公開しているドライバですが
exe形式なので、2011のインストーラーが正しく扱えません。

それでは、また!▲('A`)/

【追記 2011/06/13 13:50】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、物欲が高じてGIGABYTEの新型マザーボード GA-Z68XP-UD3 を先週末に
手に入れちゃいました。

で、SSDは同梱ではなく、別口で手に入れました。
1.8インチ40GBのIntel SSDMAEMC040G2C1です。横にUSBメモリを置いて大きさを
比較してみましたが、とっても小さいです、ハイ。

只今手持ちのWindows 7をインストールして色々ゴニョゴニョしています。
次回の日記で詳細を書きますね。
Intel Smart Response Technology(SRT)を試してみたくて、他にも
Windows home server 2011で新型ライブカメラサーバを構築してみようかな、と
色々やっています。
(ただ、最初Windows home server 2011を新規インストールしようとしたら、
NICが認識されなくて、インストールが途中で止まるというアクシデントに
遭遇して、迷走中だったりします・・・

えーと、色々解決しながら進めていますので、日記はちょっと待っててくださいね。
今日は●のメンテナンス(認証サーバの移転)をroot兄(・∀・)がNTTECから
委託を受けて作業してました。途中ちょっとAapcheモジュールが動かなかったりして
ドタバタしていたので、▲('A`)の方で相変わらずの「小手先」を使ったらぱっと見
動いた様になったのですが、root兄(・∀・)が「何で動いちゃうの?・・・」と
別の意味で大弱りしてしまい(w、今まで動作確認に費やしていました。
あ、もう今は●はメンテナンスが終わって購入できる状態ですので、ご安心を。

すみませんねえ、いつもながらの「小手先」で。
(やった事はmod_headers.soの作り直しだったんだけど、ね。APXSは曲者だから。)
それでは、また!▲('A`)/

【追記 2011/06/09 17:15】
ども、ども、▲('A`)/です。
只今リンクスインターナショナルさんから返信を頂きました。
送って頂いた原文のまま掲載させて頂きますね。
(リンクスさん、お返事ありがとうございました。)
このたび公表されましたCORSAIR CSSD-F120GB3-BKのリコール交換対応に
つきましてのご案内を差し上げます。
 
現在、メーカーから改善済製品の入荷待ちのため、

1.メーカーより改善済み製品の入荷時期が確定しました際
 お客様へは再度メールにてご連絡を差し上げます。
 現時点では6月下旬の予定となっております。

2.製品の交換方法につきましては、再度ご連絡の際に、
 改めてご案内を致しますが、弊社に、任意の運送会社
 の送料着払いで、製品、購入証明をお送りいただき、
 弊社到着の翌営業日までには交換品を発送の予定と
 なっております。

3.ご対応は保証規定に沿ったものとなります為、
  販売店様発行のレシート、納品書等のコピーなど
 購入証明をご用意いただきますようお願い致します。

お客様には多大なるご迷惑をおかけして誠に申し訳ありませんが
何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

次回のご連絡まで今しばらくお待ち頂きますようよろしくお願い致します。

まず、今回の場合の製品とは「本体、外箱、付属品(マウンタとねじ)」一式と
なります。そして購入証明はお店でもらったレシート又は領収書となります。
さて、レシートのコピーを取っておくか。
で、まだ、送ってはいけません。本文中にも書いていますが、もう一度
リンクスさんから連絡がきますので、それから一式送りましょう。

それでは、また!▲('A`)/

【追記 2011/06/09 15:20】
ども、ども、▲('A`)/です。
今リンクスインターナショナルさんにお問い合わせの受付をしました。
(先程のページに「お問い合わせフォーム」へのリンクが貼られていますので、
そこから必要事項を入力して、送信ボタンを押します。)
自動返信のメールは返ってきましたが、さてさて、どうなることやら・・・
何か動きがあったら日記の方で報告しますね。
それでは、また!▲('A`)/

【追記 2011/06/09 14:55】
ども、ども、▲('A`)/です。
先程、ちょっとショックな事実が判りました。
リンクスという会社のHPでこんなニュースが本日(6/9)付で掲載されていました。
CORSAIR製Force Series 3 SSD「CSSD-F120GB3-BK」の回収および交換対応について
そうです。この間手に入れたSSDです。
なんでも、「高い確率で動作が安定せずパフォーマンスが得られない」との事。
で、リンク先のページでは問い合わせ先情報とかが書かれていますので、
買った人は目を通しておいた方がいいでしょう。
交換の条件としては以下の但し書きがついていました。
※株式会社リンクスインターナショナルの代理店シールが貼られた製品が対象となります。

このシールが貼ってあれば対象だと思います。
トホホ・・・

今年はマザーボードに続き、2回目のハズレを引いてしまいました。
まあ、これはしかたがないかな、と。
初物を狙うという事はこういう事にも直面するのです・・・

なんでもGA-Z68XP-UD3-iSSD を含むGIGABYTE新型Z68マザーボードが6/10以降
発売になるとのニュースもはいりましたし、来週札幌に上陸しているといいなあ・・・
それでは、また!▲('A`)/

↓ 本編はこちらです。

(2011/06/08 17:00)
どうも、▲('A`)/です。
大変お待たせ致しました。今日は先日root弟(´・ω・`)が買ってきてくれた
ワットチェッカを使って今まで構築したSandyBridge&とATOMマシンの消費電力を
測ってみました。
ワットチェッカは以下の様なものです、ハイ。
(会社で使っている電源タップはスイッチがついているものでして、
ワットチェッカを付ける際に深く差しちゃうとスイッチ部分を押して
切れちゃったりして、ちょっと大変でした。ハハハ・・・)


消費電力計測に関しては以下の構成で組んだ時にどうなるかをみました。
-----------------------------------------------------------------------
[ケース1]
・ドライブはHDDとSSDを2台搭載して、SATAVのHDDにOSをインストールして、
 HDD上でunixbenchやperlのCGIを動かした時の消費電力を計測
 
 使用するHDDはSeagate ST2000DL003(2TB、5900rpm、SATAV)
 使用するSSHはCorsair CSSD-F120GB3-BK(120GB、SATAV)
 です。

[ケース2]
・ドライブはSSDのみとし、unixbenchやperlのCGIを動かした時の
 消費電力を計測

 使用するSSHはCorsair CSSD-F120GB3-BK(120GB、SATAV)
 です。

※その他の機器は、UBS接続のキーボードと、VGA接続のモニタを接続し、
 LANケーブルを繋いで、ネットワーク経由でSSHで接続
-----------------------------------------------------------------------
なお、ATOMマシン計測時にはOSはFreeBSD 8.2R amd64で実行しました。
今回は予めHDDやSSDにOSやunixbench等をインストールしておき、それらの
デバイスを繋ぎ変える事で次々とテストを実行しました。その際にATOMマシンは
64ビット対応であるので、インストールしたOSやソフトウェアはそのまま
稼働しますし(NICもdokuo二世号と同じRealtekです)、SATAVのデバイスは
繋げばSATAUとして認識されます。
まあ、SATAVのデバイスの能力フルには出せませんが、規格違いによる
干渉とかで動きが遅くなる、という事は発生しませんので、好しとしました。

今回各マシンを稼働させる為に使ったPCケースなのですが、電源スイッチと
マザーボードの差し替え作業等で外側のケースは取り外していました。

(スーパークールビズ仕様ですw)
あ、そうだ。下の写真でケースの解説をしますと、向かって正面に「AQTIS」と
書かれているのが電源ユニット(150W)です。
(型番で言うとAP-150CKMで検索すると出てきます。)
で左側には冷却用のファンがあります。
向かって右側には3.5&5インチベイのエリアです。
そして下にあるのがマザーボード(写真は手乗り田吾作号です。)
CPUクーラーである「小槌」が燦然と輝いています。


で、今回CPUをフルで動かす為、こんなPerlのCGIを実行しました。
#!/usr/bin/perl

BEGIN {
    $| = 1;
    if ($ENV{'REQUEST_METHOD'}) {
        print "Content-type: text/plain\n\n";
        open(STDERR, ">&STDOUT");
    }
}

open(FILE, '> stop.sh');
print FILE <<'EOF';
#!/bin/sh
rm -f tmp_* test.cgi
killall -KILL perl5.10.1
killall -KILL perl
killall -KILL perl5.10.1
killall -KILL perl
killall -KILL perl5.10.1
killall -KILL perl
killall -KILL perl5.10.1
killall -KILL perl
EOF
close(FILE);

if ($ENV{'QUERY_STRING'} ne 'stop') {
    for (0..100) {
        unless (fork) {
            1 while 1;
        }
    }

    for (0..200) {
        unless (fork) {
            $buffer = '0' x 1024000; # byte
            $file = "tmp_$$.txt";
            for (0..99999) {
                # Mem and Disk test
                $mem = $buffer;
                open(FILE, "> $file");
                print FILE $mem;
                close(FILE);
                unlink($file);
                undef($mem);
            }
            exit;
        }
    }
    sleep(50);
}

system("rm -f tmp_*");
system("sh stop.sh &");
exit;

ちなみに、このCGIはハイブリッドBananaやその他のサーバを構築した後で
動作確認の意味合いで実行していたりします。
えーと、何をしているCGIかと言いますと、「0で埋め尽くされたデータを
10万回ファイルに書き込むという処理を200回fork(子プロセスとして起動する」のを
100回実行する、というものです。
これで合ってたっけ?ちょっと自信無いです、ハイ・・・(汗
あー、こういうのはroot兄(・∀・)に聞けば一発なんだけど、ちょっと今は別の
作業中で聞けなかったりします。トホホ・・・
あと、このCGIはもう1つのCGIと実はセットでして、その別のCGIの為の処理も
入っていたりします。(最初の個所の killall -KILL perl5.10.1 なんちゃらを
stop.shに出力するところなんか、です。)

昔、Pentium4を積んでいたBananaサーバでこいつを動かすと、オーバーフロー
状態になって、キーが受け付けられなくなる事が多々ありました。
今ではこのCGIがブンブン動いていても、ストレスなくSSHでログインして、
キー操作できるのです。ハードの進化ってすごいなあ、と思う訳ですよ、ハイ。

えーと、では、いよいよ結果です。
あ、▲('A`)の短い脚が写り込んでいますが、気にしないでください

[ケース1]
手乗り田吾作号(Core i5 2500K RAM 8GB)
OS起動時:59W
unixbench実行時:84W
test.cgi実行時:125W
(CGI実行開始〜終了まで:28分)

dokuo二世号(Core i5 2500T RAM 8GB)
OS起動時:57W
unixbench実行時:66W
cgi実行時:85W
(CGI実行開始〜終了まで:30分)

ATOM号(ATOM D525 RAM 4GB)
OS起動時:44W
unixbench実行時:45W
test.cgi実行時:48W (/homeで実行)
(CGI実行開始〜終了まで:30分)
※30分となっていますが、これは全ての処理が終わったわけではなく、
CGI実行時に最初に投入される


[ケース2]
手乗り田吾作号(Core i5 2500K RAM 8GB)
OS起動時:52W
unixbench実行時:81W
test.cgi実行時:116W
(CGI実行開始〜終了まで:2分)

dokuo二世号(Core i5 2500T RAM 8GB)
OS起動時:53W
unixbench実行時:68W
cgi実行時:81W
(CGI実行開始〜終了まで:3分)

ATOM号(ATOM D525 RAM 4GB) OS起動時:39W
unixbench実行時:41W
test.cgi実行時:46W
(CGI実行開始〜終了まで:5分)


あー、今週ニュースリリースで公開された歴代のサーバの消費電力のページ
書き方に合わせるとこうなるかな。(ケース1の内容で書きますね。)


消費電力(概算) CPU 記憶領域 メモリ OS
手乗り
田吾作号
アイドル時/高負荷時
59W/125W
Core i5 2500K
3.30GHz
Corsair 120GB
SATA-3 SSD
+
2TB 5,900RPM
SATA-3 HDD
8 GB FreeBSD
8.2 R(64bit)
dokuo
二世号
アイドル時/高負荷時
57W/85W
Core i5 2500T
2.30GHz
Corsair 120GB
SATA-3 SSD
+
2TB 5,900RPM
SATA-3 HDD
8 GB FreeBSD
8.2 R(64bit)
ATOM号 アイドル時/高負荷時
44W/48W
ATOM D525
1.80GHz
Corsair 120GB
SATA-3 SSD
+
2TB 5,900RPM
SATA-3 HDD
4 GB FreeBSD
8.2 R(64bit)

これを見る限りATOMサーバは消費電力的には優秀です
で、今回気付いたのですが予めHDDなりSSDにシステムを作り込んでから、
ATOMサーバに乗せて動かす分には処理能力的にも十分力を発揮するという事です。
CPUは2コアありますし、ハイパースレッド(HT)も有効なのです。
なので8.2RのGENERICではSMPはONですので、結果として論理的なCPUは4つと
認識されます。こんな感じに
CPU: Intel(R) Atom(TM) CPU D525   @ 1.80GHz (1823.47-MHz K8-class CPU)
real memory  = 4294967296 (4096 MB)
avail memory = 4084965376 (3895 MB)
FreeBSD/SMP: Multiprocessor System Detected: 4 CPUs
FreeBSD/SMP: 1 package(s) x 2 core(s) x 2 HTT threads
 cpu0 (BSP): APIC ID:  0
 cpu1 (AP/HT): APIC ID:  1
 cpu2 (AP): APIC ID:  2
 cpu3 (AP/HT): APIC ID:  3

一方Core i5はモバイル向け以外はハイパースレッド(HT)非対応なので、コアは4つ
ですが、論理的なCPUの数も4つのままなのです、ハイ。
CPU: Intel(R) Core(TM) i5-2500T CPU @ 2.30GHz (2294.80-MHz K8-class CPU)
real memory  = 8589934592 (8192 MB)
avail memory = 7947431936 (7579 MB)
FreeBSD/SMP: Multiprocessor System Detected: 4 CPUs
FreeBSD/SMP: 1 package(s) x 2 core(s) x 2 HTT threads
 cpu0 (BSP): APIC ID:  0
 cpu1 (AP): APIC ID:  2
 cpu2 (AP): APIC ID:  4
 cpu3 (AP): APIC ID:  6

で、他の要素としてはキャッシュサイズですが、L2キャッシュはi5が256K * 4、
ATOMが512 * 2です。
L3キャッシュはi5は6MBありますが、ATOMは一切ありません。
違いとすれば、後はクロック数かな、と。
おおざっぱいに言えばCPUのコア数が同じなので、性能差はクロック数の
差の部分で出てくると言えますね。
そうなると、マシン構成(デバイスをSSDにする等)によってはATOMであっても
そこそこのサーバを組めるんじゃないかなと思います。

あとは、やっぱりHDDはどうしても電気を食うという事です。
カリカリにマシンを組みたいならSSDで組むというのも一つの形だと思います。
えーと、SATAVでないといけない訳では無くて、最近だとSATAUでも十分
性能的にはいけると思います。
(たぶん自作PC板の人だったら、もっと色々言うんだろうなあ・・・)

さて、ここまでまとめたのですが、そういえば元祖dokuo号の消費電力を測って
いなかったです。忘れてました・・・
まあ、ちょっとゆるゆると進めますので、ご容赦を。

台湾で行われていた見本市が終わりまして、これから新商品が発売になるんだろうなあ、と
首を長くして待っていたりします。
(GIGABYTEのSSDを搭載したマザーボード GA-Z68XP-UD3-iSSD 早く出ないかなあ・・・)

物欲まみれになっていますが、それでは、また!▲('A`)/

271日目に戻る。   273日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
[an error occurred while processing this directive]