[an error occurred while processing this directive]
【Z68】GIGABYTEのマザーボードでIntel SRTを試しています【Win7編】

第274日目:【Z68】GIGABYTEのマザーボードでIntel SRTを試しています【Win7編】

【追記 2011/06/17 12:25】
ども、ども、▲('A`)/です。
気がつくと、もうお昼なのね・・・
今日の札幌はとてもよい天気です。気分が良くなってパチリ。

昨日追記で書きましたCORSAIR CSSD-F120GB3-BKの交換受付が今日(6/17)から
開始となりましたので、発想の為の梱包を今までやっていました。
本体をプチプチロールでくるんで、購入時のレシートのコピーと、
後は送り先情報(▲('A`)の名前や住所など)や問い合わせ番号を書いたメモを
100円ショップで買ったクッション入り封筒(\105)に詰めて、クロネコヤマトの
着払い伝票を記入して、会社近くのセブンイレブンに持ち込みました。


予定では月曜日(6/20)に先方(東京)に届くはずです。なので、来週中には
交換品が届くかな、という感じです、ハイ。

えーと、今週末には真駒内の陸上自衛隊第11旅団の駐屯地で
第11旅団創立3周年・真駒内駐屯地開庁57周年記念行事が開かれます。
90式戦車の体験試乗とかあるそうなので、ちびっ子たちが押し寄せると思います。
(大人だけど▲('A`)、乗れたらいいなあ・・・)
えーと、会場は地下鉄南北線「自衛隊前」駅を降りたら目の前です。
反対側を降りると焼肉屋さん(「千里」とか「サッポロ焼肉大将」とか)が
軒を連ねています。昔(脳梗塞で倒れる前)鯖子J( 'ー`)しに連れられて
塩ホルモンを食べにいったなあ・・・
(そんな事を書いていたら、お腹すいてきちゃいました。)

それでは、また!▲('A`)/

【追記 2011/06/16 17:05】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、今メールをチェックしたら、リンクスリンクスインターナショナルさんから
CORSAIR CSSD-F120GB3-BKの交換始めるよー!のお知らせがありました。
リンクスさんに交換の問い合わせフォームから問い合わせした人にはメールが
届いているはずですのでチェックしてみて下さい。
なお、交換対応は今年の7月末までとなっていますので、気を付けてくださいね。

それでは、また!▲('A`)/

↓ 本編はこちらです。

(2011/06/16 17:00)
どうも、▲('A`)/です。
えーと、前回は途中で息切れしまして、マシンの組立で終わっちゃいましたが、
今回はOSをインストールして、いよいよSRT(Smart Response Technology)を
試してみたいなと思っています。

で、今回は最初Windows home server 2011を入れてみようとしたのですが、
日記第272日目の追記でも書いた通りインストール途中で暗礁に乗り上げて
しまいまして・・・急遽手持ちのWindows 7 home Edition の64ビット版を入れて
ベンチマークソフトとしてCrystalDiskMarkを動かす事にしました。
(あ、後でWindows home server 2011のインストール時の対処方法が判ったので、
それについても近いうちに書いておきますね。)

あ、そうだ。今回のマシンのドライブ環境は以下の通りです。
========================================================
HDD:Seagate ST3500418AS (500GB、SATAU、7,200rpm)
SSD:Intel SSDMAEMC040G2C1(40GB、SATAU)
DVD:PIEONEER DVR-217J BK (SATA)
========================================================

まずは、Intel SRTを適用しない形でHDD側にOSをインストールした場合の
CrystalDiskMarkの結果をご紹介します。その前に、BIOSの状態を
パチリ、と。


えーと、ドライブはそれぞれ認識されていますので、Windows 7 のインストールCDを
DVDドライブに入れてDVDドライブからブートします。
GIGABYTEのマザーではF12キーを押すとBOOTメニューを呼び出せます。
(デフォルトのブートデバイスはHard Diskになっています。)
なので、画面上ではCDROMを選択してENTERキーを押すと、真ん中の画面に
表示される様に「任意のキーを押して」と言われるので、スペースキーを
押すと、DVDドライブに入っているインストールCDが読まれます。


で、下の画像で表示される通りに進むとインストールするディスクの選択画面が
表示されます。上段がSeagateのHDD、下段がIntelのm-SATAのSSDです。
なのでHDD側にパーティションを切って上げて、そこにインストールする様に
指定してあげます。
(なお、パーティション切りの時に、システムで使用する領域が100MB程予約されます。)


で、パーティション設定が終わると以下の画像の様にインストールが始まります。


で、一回再起動が入って、パスワード設定とプロダクションキーの入力に進みます。


更新プログラムの確認だとか時刻設定を行なうと、Windows側のインストールは終わります。
しかし、ドライバをインストールしてあげないと、NICは動きません。
(ディスプレイ表示もこの通りです。。。)


Windows 7のインストールCDを取り出して、代わりにマザー付属のドライバCDを入れますと
下記の画像の様にオートランのプログラムが動き、メニューが表示されます。
で、面倒くさい人はまとめてインストールしてもよいのですが、こだわる人は
「ひとつづつインストールを行う」タブをクリックして、表示されている中から以下の
物をインストールしてください。
・INF Update Utility
・Intel Graphics Media Accelerator Driver
・Realtek HD Audio Driver
・Realtek 8111/8168 LAN Driver for gigabit
・Intel Raid Strage Technology driver
・Etron USB Driver
・Intel Management Engine Software



で、ドライバをインストールして、再起動したら、表示も適正になり、綺麗になります。


では、CrystalDiskMarkを実行してみましょう。
今回はソフトを起動したままで、連続3回実行しました。結果は以下の通りです。
(画像のままですみません。ちょっとネットワークがらみでドタバタしてまして・・・)



シーケンシャルリードで122.5〜127.6MB/s、ライトで106.5〜117.0MB/sでした。
512Kのリードは40.16〜49.89、ライトは23.06〜58.17でした。

さて、ではいよいよSRTを設定しましょう。マザーボード付属の以下のマニュアルを
開けて読むと(真ん中あたりのページに日本語の記述があります)・・・
えー、再インストールしないといけないんだ。トホホ・・・


なんでも、BIOSの「eXtreme Hard Drive (XHD)」という項目を有効(Enabled)に
してから、OSをインストールしないといけないそうです。ガックシ。

で、上記の様に変更すると、その下の「PCH SATA Control Mode」という項目が
IDE → RAID(XHD)に自動的に変更されます。
で、F10キーで設定を保存してBIOS画面を終了して、先程と同じ様に
インストールCDから立ち上げます。

で、Windows 7とドライバをインストールし終えたら、Windowsボタンをクリックして
プログラム一覧を表示させます。
そうすると、下の画像の様にIntelと書かれた個所が出てきますので、
クリックしてみてください。
そうすると「インテル@ラピッド・ストレージ・テクノロジー」と書かれた
プログラムが表示されます。
(実はこのプログラム、先程BIOSで設定変更した項目が有効になっていないと
出てこないのです。。。)
さっそくクリックして起動します。そうすると真ん中の画像の様なメイン画面
(ステータスを表示する画面)が現れます。
ここでドライブの現在の状態が判ります。画面向かって右側(右の画像)には
SeagateのHDDが内部システムディスクとして、SSDが内部ディスクとして
表示されています。


それぞれのディスクの絵の部分にマウスをかざすと下の画像の様に
ディスクの情報・状態が表示されます。


上段上の「管理」と書かれたアイコンをクリックすると、以下の画面が
表示されます。その横の「高速」と書かれたアイコンをクリックすると
隣の画像の様なメニューが表示されます。


で、SRTの設定をするのはこの「高速」メニューのところです。
画面の処に「高速の有効」と書かれたリンクがありますので、クリックします。
そうすると真ん中の画像の様に子画面が表示されます。これがキャッシュとして
機能する事になるSSDに対しての詳細な設定内容です。
SRTには「拡張モード」と「最速モード」の2種類があり、拡張モードがデフォルトと
なっています。このモードの違いは、データのキャッシングの方法が違っています。
  拡張モード → ライトスルー方式
  最速モード → ライトバック方式

それぞれがどの様に違うのかについては、Intelさんのホームページとか、
解説しているサイトさんにお任せしますが、このソフトのヘルプに「最速モードだと、
キャッシュドライブ又はメインのドライブにアクセスできなくなった時に
データが失われる場合もある」とありました。
まあ、今回はデフォルト設定(つまり「拡張モード」)で設定します。


で、「OK」をクリックして設定すると、以下の様にSSD部分にキャッシュとして
機能するボリューム(RAID 0アレイ)が作られます。
向かって右側にあったドライブの表示画面も前と変わっています。
(こんな感じ)


さて、大変御お待たせ致しました。
SRTを適用してどれだけ早くなったか、さっそくCrystalDiskMarkを動かしました。
結果はこんな感じです。


シーケンシャルリードで186.0〜193.4MB/s、ライトで42.91〜43.52MB/sでした。
SRT無では、リードは122.5〜127.6MB/s、ライトで106.5〜117.0MB/sだったので、
リードは速くなりましたが、キャッシュを裏で作る過程でライトの速度が
落ちています
。これは仕方がないのかなあ・・・
512Kのリードは135.0〜149.9、ライトは43.57〜43.73でした。
SRT無では、リードは40.16〜49.89、ライトは23.06〜58.17だったので、
リードは格段に早くなりましたし、ライトは速さはそれほどでもないですが、
速度が安定化しました


この結果を見る限りは、過度な期待をしなければ全体の速度は早くなるのかな、
と思います。
しかし、キャッシュを裏で作る関係でライトの処はちょっと遅く感じる場合もあるかも、
という事です。

はー、写真を撮りながらインストールを繰り返すのは、しんどいなあ。
今日は朝から色々あったから、もうね、くたびれちゃいました・・・
ちょっと今日は充電します。
次回はWindows home server 2011の事を書けたらなあ、と思っています。

それでは、また!▲('A`)/

273日目に戻る。   275日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
[an error occurred while processing this directive]