[an error occurred while processing this directive]
FreeBSD 9.0-BETA2 が出たのでさっそく触ってみましたよ〜

第290日目:FreeBSD 9.0-BETA2 が出たのでさっそく触ってみましたよ〜

【追記2 2011/09/08 10:15】
ども、ども、▲('A`)/です。おはようございます。
えーと、昨日の病院の結果をお知らせする前に追記で触れた9.0BETA2での
buildworldの結果をまとめたので、そちらを最初に書きますね。
jオプション無し、オプション j2、j4、j8、j16の並びとなっています。
-------------------------------------------------------------------
実行環境
Intel Core i7 2600 3.40GHz RAM 8GB DH67BLB3 Intel SSDSA2CW300G3K5
time make buildworld 4152.698u 985.119s 1:22:54.59 103.2% 6948+4715k 3784+13280io 0pf+0w
time make buildworld -j2 4205.244u 1048.694s 44:50.34 195.2% 6917+4706k 1655+13490io 54pf+0w
time make buildworld -j4 5022.164u 1341.237s 29:52.19 355.0% 6881+4684k 3820+14027io 13pf+0w
time make buildworld -j8 6702.318u 1834.769s 26:42.75 532.6% 6947+4714k 3781+28820io 3pf+0w
time make buildworld -j16 7170.184u 1909.560s 26:17.43 575.6% 6978+4734k 28097+30936io 2540pf+0w
-------------------------------------------------------------------

参考になれば幸いです。

さて、昨日病院で色々検査して、血圧のお薬が変わりました。
オルメテック→レザルタズ配合錠となりました。
今回のお薬はオルメテックの効能+血管拡張のダブル効果を狙ったものです。
ええ、ええ。ちょっと思ったほど血圧下がっていなかったので、こうなりました。

まあ、それほど深刻な事態ではないのですが、脳梗塞を以前発病した関係で
再発防止のためです、ハイ。発病してから今日でちょうど3年経ちました。
3年前の今日、会社に出社してキーボードでパスワードを入力できなくて、
あぶらみくん( `э´)に連れられて病院に駆け込んだのでした・・・
早いものです。

あ、そうそう。血圧が上がりやすくなっているかどうかは血液検査で以下の
項目の値がどうなっているかである程度判るようです。
(興味がある方はググって調べてみてください。

コルチゾール 9.4 (4.0 - 18.3 μg/dl)
TSH 1.43(0.25 - 4.50 mIU/ml)
F-T3 3.23(2.60 - 5.10 pg/ml)
F-T4 1.56(0.80 - 2.00 ng/dl)
AHTH 16.1 (7.2 - 63.3 pg/ml)
アルドステロン 63 (36 - 240 pg/ml)
血漿レニン活性 0.1 (0.2- 2.7 NG/ML/H)

次回は再来月に病院に行くのですが、久しぶりにMRIで脳みそを徹底検証と
なります。
それでは、また!▲('A`)/

【追記 2011/09/06 17:15】
ども、ども、▲('A`)/です。
unix板の「FreeBSDを語れ Part31」というスレを見ていると、今回のBETA2で
buildworldの所要時間を報告されていた方がいらっしゃいました。
ちょっと原文のまま書きますね。
397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/06(火) 08:39:56.95 
うちi5-2500Kだけど 
time make buildworld -j4で 3880.097u 482.898s 23:58.90 303.2% 
だった(9.0-BETA2 amd64)

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/06(火) 10:03:32.07 
>>397 
i5 でも意外と速いな。 

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/06(火) 11:43:13.65 
Core i7だとj16位でイケルのかね。 
SSDだとすごい数値が出そうw。

そうか、、、こういう風にコマンド叩けば時間出せるんだ・・・
初めて知りました。。。。(おいっ
せっかくなので、dokuo号でちょっとやってみました。
では最初に、実行環境を説明しておきますね。

[実行環境(dokuo号)]
・CPUは Core i7 2600(Kとかはつきません。)
 → コアは4つで、HTで8つになっています。(こんな感じ)
 FreeBSD/SMP: 1 package(s) x 4 core(s) x 2 SMT threads
・搭載メモリは8GB、マザーボードはDH67BLB3
・SSD上で実行
 (Intel 320シリーズ 300GB 型番は SSDSA2CW300G3K5)
 → ファームウェアは当てていません。
・カーネルも、make.confとかsysctl.confとかも素のままです。

で、buildworldの結果はこうなりました。

・jオプション16(-j16)の場合
26分17秒43
7170.184u 1909.560s 26:17.43 575.6% 6978+4734k 28097+30936io 2540pf+0w

jオプション8(-j8)の場合
26分42秒75
6702.318u 1834.769s 26:42.75 532.6% 6947+4714k 3781+28820io 3pf+0w

・jオプション4(-j4)の場合
29分52秒19
5022.164u 1341.237s 29:52.19 355.0% 6881+4684k 3820+14027io 13pf+0w

jオプション無しの場合
1時間22分54秒59
4152.698u 985.119s 1:22:54.59 103.2% 6948+4715k 3784+13280io 0pf+0w

たぶん、この数値はSSDだから出せたんだと思います。
HDDだったら、jオプション8くらいで、以下の現象が起きて異常終了していたと思います。
あるモジュールのコンパイルの処理で前提となるモジュール等のコンパイルが
完了する前に本体のコンパイル処理が走って、「あれっ?あるはずのものがないよっ?」と
エラーを吐いてオブジェクトを作れずにコテッといくのです。
なので、▲('A`)は今まではjオプション無しでカーネル作っていました。

あと、お気づきの人もいるかもしれませんが、コア数を越えてオプションを付けても、
そんなに時間短縮がされていません。
jの後ろの数値もでかけりゃいい、という訳ではありません。
dokuo号ですとコアは全部で(HTで)8つなので、j8が一番効率が良いのかもしれません。
まあ、あとは足回り(ディスクとか)がどういうものを使っているかにもよりますけど・・・・

もしも、こんな条件でbuildworldとかbuildkernelを実行したらどうなるか?
というリクエストがあったら、ピロリスレにでも書いておいてください。
(あ、但しハードウェアについて条件を出すのは避けてください。
お金無いので、新規で入手できないんですよ・・・ハイ。)
HDDだったら、ST2000DL003、ST31000528AS、ST3250410ASが使えます。
SSDだったら、SA2MH080G2K5、PLEXTOR PX-128M2S、CSSD-F120GB3-BKが
一応使えます。
あと、CPUだったら、色々セッティングしないといけませんが、
Core i7 2600KとCore i5 2500K、Core i5 2390Tが手元にあります。
2600KはGA-Z68XP-UD3に、2500KはH67M-ITX、2390TはMI-H61についています。
もしかすると、マザーボードの性能にも影響されるのかなあ?
あ、そうだ、ATOM D525(D525MW)もありました・・・ハハハ。

いずれにしても、本編でも書きましたが、明日は病院行くのでお休みします。
なので、明後日以降となりますので、ご容赦を。
それでは、また!▲('A`)/

↓ 本編はこちらです。

(2011/09/06 12:40)
ども、ども、▲('A`)/です。
前回の日記の追記でも書きましたが、FreeBSD本家で9.0-BETA2が公開されていました。
さっそくdokuo号にインストールしてみました。
で、追記でも書いたのですが、ネットワーク設定の処が改善されていて、BETA1の時の
様な問題(設定が
まず、向かって左の画面の様にシステム(カーネルとかportsとか)のインストールが
済んだら、次は真ん中の画面の様にrootパスワードの設定に進みます。
で、向かって右の画面のネットワーク設定に到着する訳です。



で、前回のBETA1の時には画面の残骸を置いていたのですが、以下の様に
設定画面が進みます。
ネットワーク設定をするデバイス(NIC)を選択すると、まずは向かって左側の
画面が表示されます。
ここではIPv4のIPアドレスを設定するのかどうか聞かれます。
で、社内のネットワークはIPv4なので「YES」を選択します。すると真ん中の
画面が表示され、DHCPを使って設定するか聞かれます。固定IPを設定するし、
社内のDHCPサーバは使わないので「NO」を選択します。
そうすると、ようやく向かって右の画面が表示されますので、IPアドレスと
ネットマスク、ゲートウェイを設定します。



ここまでは前回と同じです。で、次は向かって左の画面が出ます。
IPv6のIPアドレスを設定するのかどうか聞かれます。
今回は設定しませんので「NO」を選択します。
そうすると、BETA1の時とは違い、真ん中の画面が表示されます。
この画面はネームサーバを設定する画面です。前回は全く出てこなかったのです。
この画面を見たら、ちょっとウルッと来ました。
で、ネームサーバのIPを設定して「OK」を叩くと、右の画面に移ります。
この画面はタイムゾーンの設定画面です。これ以降はBETA1と同じ流れになります。
どう続いていくのかは第287日目を見て頂くと判るかな、と。



で、ベンチマークの結果は以下の通りです。
まあ、BETA版ですし、それほどスコアに違いはありません。

[HDD(ST2000DL003)での結果]
========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

   System: w44: FreeBSD
   OS: FreeBSD -- 9.0-BETA2 -- FreeBSD 9.0-BETA2 #0: Wed Aug 31 18:07:44 UTC 2011
        root@farrell.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC
   Machine: amd64 (GENERIC)
   Language: en_US.utf8 (charmap=, collate=)
   CPU: no details available
   1:11AM  up  1:39, 1 user, load averages: 0.02, 0.01, 0.00; runlevel 

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Tue Sep 06 2011 01:11:33 - 01:39:33
unknown CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       24128869.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     4722.8 MWIPS (9.6 s, 7 samples)
Execl Throughput                               2284.3 lps   (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks         29765.9 KBps  (30.1 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           71336.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks         67731.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1258609.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 236110.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               7037.5 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   1242.6 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    297.4 lpm   (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead                         964879.1 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   24128869.9   2067.6
Double-Precision Whetstone                       55.0       4722.8    858.7
Execl Throughput                                 43.0       2284.3    531.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0      29765.9     75.2
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      71336.0    431.0
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0      67731.8    116.8
Pipe Throughput                               12440.0    1258609.3   1011.7
Pipe-based Context Switching                   4000.0     236110.3    590.3
Process Creation                                126.0       7037.5    558.5
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       1242.6    293.1
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        297.4    495.7
System Call Overhead                          15000.0     964879.1    643.3
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         468.3
========================================================================


[SSD(Intel SSDSA2CW300G3K5)での結果]
========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

   System: w44: FreeBSD
   OS: FreeBSD -- 9.0-BETA2 -- FreeBSD 9.0-BETA2 #0: Wed Aug 31 18:07:44 UTC 2011
        root@farrell.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC
   Machine: amd64 (GENERIC)
   Language: en_US.utf8 (charmap=, collate=)
   CPU: no details available
   10:49AM  up 1 min, 1 user, load averages: 0.73, 0.43, 0.17; runlevel 

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Tue Sep 06 2011 10:49:04 - 11:17:02
unknown CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables       24149196.6 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     4723.0 MWIPS (9.6 s, 7 samples)
Execl Throughput                               2287.3 lps   (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        226608.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           71417.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        224328.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1259445.4 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 232117.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               7090.0 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   1246.0 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    301.6 lpm   (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead                         963552.3 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   24149196.6   2069.3
Double-Precision Whetstone                       55.0       4723.0    858.7
Execl Throughput                                 43.0       2287.3    531.9
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     226608.0    572.2
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      71417.0    431.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     224328.4    386.8
Pipe Throughput                               12440.0    1259445.4   1012.4
Pipe-based Context Switching                   4000.0     232117.5    580.3
Process Creation                                126.0       7090.0    562.7
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       1246.0    293.9
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        301.6    502.6
System Call Overhead                          15000.0     963552.3    642.4
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         613.3
========================================================================

さて、今日は専用サーバのお客様からCURLを使える様にしてとお願いされて、
サーバを数台弄っています。
(CURLをインストールして、configureのパラメータに -- with-curlを
付け加えてPHPを再インストールしてあげたり、と。)
まあ、設定そのものはそれほどの難易度ではなかったのですが、、、、

長期間稼働しているサーバだと、一度再起動させてあげてメモリとか
ネットワークとかをクリアしてあげた方がいいでしょう。
今回はこんなメッセージに出くわしてApacheが立ち上がらないという
アクシデントにブチ当たりました・・・・トホホ。
もしも、以下の様なメッセージが出て起動しない人がいらっしゃったら、
サーバを再起動してあげてクリアしてあげると乗り切れるかも、です。

# httpd -k start -DSSL
(48)Address already in use: make_sock: could not bind to address 
2xx.xx.xxx.xxx:80
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs
#

あと、PHPやApache本体を再インストールした場合には、restartで再起動
しないで、面倒でもstop、startで再起動してあげた方がいいです。
restartでいいだろうと思ったら、実は立ち上がってこなかった、とか
ありますから・・・
(まあ、コマンドだけ投入してプロセス動いてるのを確認しない人は
いないでしょうから、大丈夫だとは思いますが・・・)
気を付けてくださいね。

さて、明日▲('A`)/は脳外科での検診の為、お休みします。
どちらかというと、脳よりも心臓(不整脈)の具合の方がどうなっているか
気になりますが・・・
それでは、また!▲('A`)/

289日目に戻る。   291日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
[an error occurred while processing this directive]