[an error occurred while processing this directive]
【小手先】FreeNASで社内用のファイル置き場を作ってみました(後編)

第319日目:【小手先】FreeNASで社内用のファイル置き場を作ってみました(後編)

(2012/06/05 12:40)
ども、ども、▲('A`)/です。
前回の日記でFreeNASのマシンを構築し、オンラインにするところまで行きました。
今回はこのマシンを社内の各人のWindowsマシンとの間でファイルの共有ができる様に
環境を構築していきたいと思います。

まず、FreeNASはWebから各種設定ができるのです。
前回の日記でマシンを再起動した時にOS起動後コンソール画面に表示されたURLに
画像01の様にブラウザでアクセスしてみます。
すると画像02の様な画面が表示されます。これがFreeNASのコントロールパネルになります。
向かって右上に赤く点滅している「Alert」と書かれているアイコンがあります。
ちょっとクリックしてみると、画像03の様なメッセージが表示されます。
どうも「Adminユーザのパスワードを変更しなければいけないよ!」と言っています。
実はインストール直後はパスワードは何も設定されていない状態なのです。
後でパスワードの設定方法を解説しますね。

01)    02)    03)

その前にまずは表示される言語を英語から日本語に変更しましょう。
真ん中の「Settings」と書かれたタブをクリックして項目を表示します。
すると、04の画面が表示されます。
「Language」を English -> Japanese
「Timezone」を America/Los_Angeles -> Asia/Tokyo
(05の画面)に変更し、「Save」ボタンをクリックします。
すると、上段に薄く「Settings Successfully updated.」と出ますので、
まずは一旦ログアウトしましょう。(右上の×印のアイコンをクリックします。)

04)    05)    06)

すると、07の画面の様に表示されるメッセージが日本語に変わりました。
画面の真ん中に表示されている「もう一度ログイン」というリンクをクリックします。
すると、日本語表示されたコントロールパネル(08の画面)が出てきます。
さて、次はパスワードを設定してあげましょう。
コントロールパネルの向かって左側にメニューが表示されています。
そこから、「アカウント」>「マイアカウント」>「パスワードの変更」を選択します。
そうすると、09の画面が表示されるので、「古いパスワード」欄には何も入力せず、
「新しいパスワード」欄に設定したいパスワードの内容を、その下に同じ内容を
入力します。
ここで、「Change root password as well」のチェック欄をクリックするかどうかは
お任せします。(▲('A`)は同じにしておきました。)
インストール直後はadminもrootもパスワードが何も設定されていません。
(同じ内容を設定するかどうかは各人の好みによりますから・・・)

07)    08)    09)
10)

次は共有できるディスクボリュームの割り当てを行ないます。
今回はwindowsマシンからのアクセスを受け付けて、ディスク領域を
共有させる様に設定するので、まずはディスク領域を割り当てる必要があります。
メニューから、「ストレージ」>「ボリューム」>「全てのボリュームを表示」を選択します。
当然まだ割り当てを行なっていないので11の画像の様に何も表示されていません。
画面中ほどに出ている「ボリュームの作成」ボタンをクリックしてみます。
すると、12の画像の様な子画面が出てきます。が、「メンバーディスク」の所に
何も表示されていませんので、割り当てしたくてもできない状態です。
システム(OS)がインストールされているディスクはあるのですが、そのディスクを
メンバーには出来ないようです。

11)    12)

幸い250GBのHDDが手元にあったのでこれをIvy-dokuo号に取り付けてみます。
Ivy-dokuo号のPCケースはSR30169を使っています。このケースはフロント部分に
3.5インチHDDを収めるドライブベイが4つついていて、いずれもホットスワップに
対応しています。
なので、稼働中に引き抜いて、HDDを取り付けて、ネジ止めして、っと。

     

元のベイにカチッというまで差し込みますと、ランプが付きます。
コンソールの方を見てみると、しばらくしてメッセージが表示されます。
うん、HDDが認識された。。。あれっ?
何気にメッセージを見たら、SATAのモードがSATA1.5Gb/sになっている。
トホホ・・・・

     

えーと、がっかりする事実を知ってしまいましたが、気を取り直して
改めてディスクボリュームの割り当てを行ないます。
先程と同様に「ストレージ」>「ボリューム」>「全てのボリュームを表示」を選択し、
画面中ほどに出ている「ボリュームの作成」ボタンをクリックしてみます。
すると、13の画像の様に「メンバーディスク」の所に「ada1(250.1GB)」と表示が出ます。
これが先程取り付けたディスクです。
(装置記号名がコンソールに表示されているのと同じなのが判ると思います。)

11)    13)

で、ボリュームの割り当ての際にはファイルシステムをどうするか(UFSかZFS)が
ポイントになります。
通常のFreeBSDで使われているUFSを画像14の様に選択するとパスの入力欄が
表示されます。(dokuoという名前で領域を割り当ててみました。)
しかし、このパス欄は存在するディレクトリを書かないとエラーになる様です。
(デフォルトでは /mnt 以下に割り当てられます。)
で、割り当てが終わると画像19の様な表示になります。

14)    15)    16)
17)    18)    19)

画像20の赤い×印がついたボタンがボリュームの削除ボタンです。
クリックすると画像21の様に怪しげな赤い画面表示になって、「本当に消してもいいの?」と
聞かれます。
真ん中に表示されている「Mark the disks as new」というチェック欄をクリックすると
完全にデータが消されます。
このチェックをつけないでクリックするとコントロールパネル上からはボリュームが
消えますが、実体はHDD上に残ったままになります。
「はい」ボタンをクリックすると画像22の後しばらくすると、ボリュームの表示が消えます。

20)    21)    22)

次にファイルタイプをZFSにするとどうなるか?まず子画面の表示が画像23の様になります。
(セクタサイズを4096バイトに固定にするかどうかを聞いてきます。)
で、「ボリュームの追加」ボタンを押すと、24の画像の様な表示になります。
ここでボリューム全体のパーティションの変更を行なっておきます。
メニュー画面に追加されたボリューム(/mnt/dokuo)が表示されますのでこれをクリックします。
すると画像25の様にボリューム(mnt/dokuo)の下に「パーミッションの変更」という項目が
出てきますので、これをクリックします。

23)    24)    25)

そうすると画像26の様な子画面が表示されます。
ボリュームのパーミッションが755に設定されていますので、これを画像27の様に777に
チェックし、「変更」ボタンを押します。
そうすると画像28の画面に戻ります。
777にして大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、この後で説明する共用設定とか
他の設定項目でアクセス権が細かく設定できますので安心してください。

26)    27)    28)

次は「共有」の設定に進みます。
コントロールパネルのメニューから、画像29の様に「共有」>「CIFS Shares」>
「Add CIFS Share」を選択します。
(※CIFSとはWindowsパソコンからアクセスする場合に使用するプロトコルの事です。)
すると、画像30の様な子画面が表示されます。
まずは今回共有フォルダ(ディレクトリ)の名前を「bank」と設定します。
このフォルダは先程設定したボリューム(/mnt/dokuo)に割り当てします。
ちょうど画像31の様に。

29)    30)    31)

で、その他の設定としては、画像32の通りです。
「パーミッションの継承」、「ごみ箱の有効化」、「隠しファイルの表示」、
「ゲストアクセスを許可」の項目を有効にします。
かなり、ゆるーい設定になっています。
で、ここまで入力したら、子画面の一番下にある「OK」ボタンをクリックします。
すると、画像33の様に「CIFS Shareを追加しました」とメッセージが表示されます。
では、次にCIFSのサービスを有効化します。画像34の様にメニューから「サービス」を
クリックします。すると、FreeNASで利用できるサービスの一覧が表示されます。

32)    33)    34)

サービスの一覧にある「CIFS」をクリックすると画像35の子画面が表示されます。
「NetBIOS名」はWindowsのネットワークで表示されるマシンの名前です。
デフォルトは「freenas」と設定されていますが、今回は「dokuonas」と変更します。(画像44)
ワークグループは各自のネットワークで使用している名称を指定してください。
(まあ、大抵はデフォルトのWORKGROUPを使っているとは思いますが・・・)
「DOS文字セット」はデフォルトではCP437(英字)が指定されていますが、
日本語対応させるにはここをCP932に変更します。(画像42を参照)
後は文字コードはUTF-8がデフォルトですが他の文字コードを使いたい場合は
適宜変更してください。(画像43を参照)
CIFSの設定でどういう値がスクロールで指定できるかは画像37〜45をご覧ください。)
そして、画像43〜44の様にホームディレクトリを指定し、有効化にチェックを入れます。
(ここを何も指定しなくても動くかもしれませんが、今回は明示的に指定しました。)
で、ここまで終わったら、「OK」ボタンをクリックします。
すると、画像45の様に、「CIFSを更新しました。」とメッセージが表示されます。

35)    36)    37)
38)    39)    40)
41)    42)    43)
44)    45)

ここまではCIFSサービスを動かす為の設定をおこなったのですが、実際に
サービスを動かすにはメニューから、「サービス」>「サービスの制御」を
選択します。すると画像46の様に一覧が表示されます。
デフォルトではサービスは全て「OFF」になっています。
CIFSと書かれている行で「OFF」と書かれているところの前の箇所を
マウスでクリックすると、状態表示が変化し、画像47の様に「ON」に変わります。
これで共有サービスが稼動します。
試しにWindowsボタンから「コンピュータ」>「ネットワーク」を呼び出すと
画像48の様にdokuonasがネットワーク上に見つかります。
(えーと、コンピュータが2台しか表示されていないのは、▲('A`)が朝早くに
出社して、誰もいない状況でスクリーンショットを取ったからです。)

46)    47)    48)

では表示されているdokuonasをクリックしてみます。すると画像49の様に先程作成した
共有フォルダ「bank」が表示されます。このフォルダ内にアクセスできるかをマウスで
クリックして確かめます。
すると、画像50の様にフォルダの中が表示できました。(中身は空っぽなのですけど、ね。)

では、データをアップできるか試してみます。画像51では▲('A`)が持っている画像データが
4つありますが、それをマウスで全部選択&ドラッグして「bank」の上で離します。
すると画像52の様に無事収まりました。

49)    50)    51)
52)

長々と説明を書いてきましたが、FreeNASには他にもFTPサーバとかLDAPサーバの
機能が備わっています。WindowsマシンだけでなくMacもAFPというAppleファイル
サービスというのを使って同じように利用する環境が作れます。
iSCSIでの接続とかもできますし、固定IPを設定する事も可能です。
(ただ、社内のLAN環境の作りによっては固定IPを設定して他のWindowsマシンとの
共有とか接続ができなくなる場合もありますので、注意してください。)
▲('A`)の説明なんかよりも、コントロールパネルに触れて自分でペシペシ弄ると
なんとなく判ります。細かい設定については世の中にいっぱい解説を書いている
サイトやブログがありますので、そちらをご覧ください。

とりあえず、この状態でroot兄(・∀・)に渡してしまいました。
まあroot兄(・∀・)が「ユーザを作らなきゃ」とかブツブツ言ってましたが、
あの調子なら、まあ大丈夫でしょう。
思わぬ形でIvy-dokuo号の就職先が決まったので、作った当事者▲('A`)としては
ちょっとホッとしました。
オフィスの片隅で埃をかぶって眠る姿は見たくないものです・・・

ちょっと連日のアップをしたので、幾分疲れました。
さあ、ネタを探さなきゃ(笑
その前に「COMPUTEX TAIPEI 2012」の記事を読まないと・・・

本日の日記はこれでお終い。次回をお楽しみに。
それでは、また!▲('A`)/

318日目に戻る。   320日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
[an error occurred while processing this directive]