[an error occurred while processing this directive]
【お手軽に動画配信】ClipBucketをなんとか動かしてみました

第328日目:【お手軽に動画配信】ClipBucketをなんとか動かしてみました

【追記5 2012/09/19 10:50】
ども、ども、▲('A`)/です。
おはようございます。
先程「CS-Cart」の日本語版を提供しているサイト(cs-cart.jp)からメールが届きまして・・・
何でもバージョンv2.2.4-jp-2の修正パッチが公開されたそうです。
パッチを入手する為にはユーザーズフォーラム(forum.cs-cart.jp)への会員登録(無料)が
必要です。
(最初CS-Cartフリー版をダウンロードする際にも登録作業を行なったと思いますが、
あちらはCS-Cartマーケット(store.cs-cart.jp)になりますので、別登録となります。
注意してください。)
で、フォーラムの「バグ修正用パッチ」からダウンロードできます。
パッチはフリー版とプロ版の2種類があります。フリー版を利用している人は
フリー版と書かれたもの(patch_free_20120919.zip)を入手してください。
ダウンロードのページに適用方法が書かれていますので、よく読んでください。

それでは、また!▲('A`)/

【追記4 2012/09/18 16:10】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、「最近何をやってるの?」と聞かれまして・・・
本当はちゃんとものになるまでお話するのは控えた方が良いかな?と思ったのですが、
ちょっとだけご説明しますね。
今はRED5というオープンソースなFlashサーバを何とかものにできないかと悪戦苦闘
していまして・・・
「ニコニコ動画」とか「Ustream」みたいなサイトを構築できないかなあ、と。
現時点ではインストールの仕方が判って、デモを動かすところまでは攻略しました。
ただ、Javaで開発されているソフトなので、Javaを全く知らない▲('A`)としては、
チンプンカンプンでして・・・トホホ。
また、Javaのインストールが最近のportsだとちょっと変わったようで・・・
これについてはまた改めてご説明をしようと思っています。
(例えば、8.2、8.3、9.1だとJavaのインストールで必要となるファイルが異なります。)
あんまり手順が変わって欲しくないなあ、というのが正直な感想です、ハイ。

今日はちょっと暑さでやられているので、程々にします。
それでは、また!▲('A`)/

【追記3 2012/09/18 12:05】
ども、ども、▲('A`)/です。
ご無沙汰しております。
えーと、季節外れの真夏日です。もうね、寝苦しくて、疲れがとれません・・・
最近はFreeBSD 9.1の動向を横目でチェックしながら、動画関連のソフトウェアを
色々勉強中です。
で、ちょっと面白い情報が出てきたので、ご紹介です。
FreeBSD本家の開発(head)で今日追加されたのですが、PCI-E接続のSSDの
標準インタフェース(コントローラというかドライバというか・・)であるNVM Express
をFreeBSDでもサポートするよ、として、ソースが追加されてました。
(詳しくはこちらをご覧ください。)
PCI-E接続のSSDは今はとても高価ですが、もう少し手軽に手に入る様になれば
ぜひ使ってみたいものです。遅ればせながらFreeBSDでもPCI-E接続のSSDを
考慮し始めたという事で、今後の動向を見守りたいと思います。
(一方9.1-RC2はまだ気配がありません。もしかすると来月になるのかも・・・)

それでは、また!▲('A`)/

【追記2 2012/09/05 15:00】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、最近はCentOSを触ってサーバ構築の方法を勉強中です。
話は変わりますが、先日大倉山シャンツェに行ってきました。
その時撮った写真をびんたんのこちらに掲載しました。よかったらどうぞ。

それでは、また!▲('A`)/

【追記 2012/09/04 11:00】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、本編でも書いたのですが、ClipBucketもPHPMotionもPHPShieldを
利用するのですが、こいつを動かすにはPHPがデバックモードオフになって
いないといけないみたいなのです。

まあ、大抵はPHPをコンパイルする際にconfigureで --enable=debug と指定する人は
少ないと思いますが、PHPでモリモリと開発する場合には必要だったりする訳です。
最近はroot兄弟(・∀・)(´・ω・`)がPHPで開発業務を行なっているもんだから
BIG-Server.com的にはそういう人の為に環境構築していたりします。
(お客様の中でもPHPでスクリプトを作ったりする人が多くなりました。)

ただ、今後色々なソフトウェアを利用したい人に対しては、それなりの環境を
提供してあげないといけないかなあ・・・と、今回改めて考えされられました。
自鯖&FreeBSDでClipBucketがうまく動かない人は以下の点をもう一度
チェックしてみてください。

・PHPのバージョン‥‥ClipBucketは5.2.x系をサポートしています。
           (5.3.x系だとおかしな動きをする場合があります。)
・PHPのデバッグモードがオフになっているか?
・PHPやその他のソフトのパスが認識されている場所に合っているか?
 (本編で小手先で対応した感じの事です・・・)

それでは、また!▲('A`)/

↓ 本編はこちらです。

(2012/09/04 09:40)
ども、ども、▲('A`)/です。
もう9月だというのに、札幌は連日30℃越えが続いていて、社内のメンバーはぐったり
しています。▲('A`)なんか蕩けてフニャフニャになっています。
最近は前々回の日記でも書いた様に、Youtubeみたいな動画の配信・投稿ができないか
色々なソフトを試していまして、、、今回はClipBucketというソフトをご紹介します。
動画配信ソフトとしては先日の日記第326日目の本文でも書いていますが、有名どころとして
PHPMotion とか ClipBacket があります。

PHPMotionも実は動かす事に成功したのですが、インストールしたら即使えるという意味では
ClipBacketの方が良いかな?と個人的に思っています。
ただ、今だからこういう風に書いていますが、先週はもう何度もdokuo号を再インストールして
壁にぶつかりまくって、、、何度も泣かされました。

このソフト達に共通する点は「Linux環境をベース(基準)に作られている」という事です。
例えば同じソフトでもLinuxとFreeBSDではインストールされるディレクトリというかパスが
異なっている訳です。そしてファイル名とかでも大文字と小文字を区別して使えるとか
使えないとか、相違点は色々ある訳です。

googleさんで色々調べたのですが、FreeBSDでこういう動画配信・投稿ソフトを紹介している
サイトが少ないのはそういう事情もあるのかなあ、なんて思ったりします。
なので、今回は思いっきり力技で「とにかく動かすにはこうする」という例としてご紹介
していますので、予めご承知おきください。

さて、ClipBucketを動かすには以下の環境を構築する必要があります。

[手順] 1) Webサーバとデータベース環境を構築する(Apache + PHP + MySQL)
2) 動画を配信&エンコードする環境を構築する(ffmpeg + mencoder + mplayer +その他コーデックとか色々)
3) 2) とPHPとの橋渡しの環境を作る(ffmpeg-php + PHPShield)
4) 動画配信&投稿ソフトをインストールし、環境構築する(ClipBucket)

えーと、PHPMotionを使う場合には 4) の所のClipBucketがPHPMotionに置き換わるだけです。
PHPMotionとClipBucketの動作環境の違いとしては、PHPのバージョンが5.2系で動かすのが
ClipBucket、5.3系でも動くのがPHPMotionという事ですかね。

[ClipBucket動作環境]
・PHPのバージョンは5.2系である事(デバッグモードがオフである事)
・MySQLのバージョンは5.x系である事
・ffmpeg、flvtools2、MP4Boxが動く事
・GDライブラリとかが利用できる事
・コーデック(FAACとかLAME、SDLやXvidなど)が入っている事

まず、大切なのが使用するPHPがデバックモードがオフになっている事です。
デバッグモードはPHPのコンパイル時にconfigureパラメータで --enable=debug と
指定しなければオフになります。逆にこのパラメータが入った形でコンパイルして
いる場合には、再コンパイルして入れなおしとなります。

次に大事なのが、PHPShieldの組み込みです。PHPShieldはバイトコードの
エンコーディングを行なうフリーのPHPエンコーダーです。
動画とかを変換したりする時に使っているんじゃないかと思われます。

では、構築方法を以下で説明します。が、最初に前提として、1)の環境は既に
構築されている(ApacheもPHPもMySQLも動く)という事で説明していきます。

・動画を配信&エンコードする環境の構築

まずはコーデックをインストールします。
ffmpegをインストールする際に一緒に入るとは思いますが、昔ながらの
方法を行なっているので、ここら辺は各人の環境に合わせて作業してください。

▲('A`)の場合には、ffmpegをインストールする前に、x246とLAMEをports(ソース)から
インストールしました。
合わせて、MP4Boxも入れています。このソフトはMP4のファイルの結合や合成に
使用します。

cd /usr/ports/multimedia/x264
make install clean
cd /usr/ports/audio/lame
make install clean
cd /usr/ports/multimedia/gpac-mp4box/
make install clean

さて、次にffmpegをインストールします。

cd /usr/ports/multimedia/ffmpeg
make config
(FAAC FAAD GSM LAME OPTIMIZED_CFLAGS SDL THEORA VORBIS X264 XVID)
あとはそのままデフォルト値で選択
make install clean
途中でxvidの画面が出ますが OPTIMIZED_CFLAGS を選択してOKで進む

次はrubyやpythonで動画を扱う際に使用するライブラリをインストールします。
今までインストールしたソフトやこれからインストールするソフトの中で
おそらく使用するんだと思います。
(違っていたらゴメンなさい・・・)

cd /usr/ports/devel/boost-python-libs
make install clean
途中でconfigパラメータの画面が2つ出ますが、いすれも
OPTIMIZED_CFLAGS を選択してOKで進む

cd /usr/ports/multimedia/flvtool++
make install clean
cd /usr/ports/multimedia/ruby-flvtool2
make install clean

で、ここでmplayerとmencoderをインストールします。
mplayerはオープンソースの動画再生プレーヤーで色んなコーデックの
動画を再生できます。mencoderはコマンドラインベースで動画のデコード
やエンコードを行なうソフトです。
今まで出てきたソフトを担当別であらわすとこんな感じになるのかな?と
・MP4関連 => MP4Box
・AVI関連 => mencoder

cd /usr/ports/multimedia/mplayer
make config
(デフォルトに加えて SDL LIBDV MAD ARM THEORAを選択する)
make install clean

cd /usr/ports/multimedia/mencoder
make config
(デフォルトに加えて LIBDV MAD AMR TWOLAME FAAC THEORAを選択する)
make install clean

・PHPとの橋渡しの環境を構築

次にここではffmepg-php と PHPShield をインストールします。
まず、ffmpeg^phpのインストールですが、日記第326日目に詳細を書いていますので、
ちょっとはしょりますね。

cd /tmp
fetch -o ffmpeg-php-0.6.0.tbz2 http://sourceforge.net/projects/ffmpeg-php/files/ffmpeg-php/0.6.0/ffmpeg-php-0.6.0.tbz2/download
tar xjvf ffmpeg-php-0.6.0.tbz2
cd ffmpeg-php-0.6.0
mkdir /usr/local/include/ffmpeg/libavutil
mkdir /usr/local/include/ffmpeg/libavcodec
cp /usr/local/include/libavcodec/* /usr/local/include/ffmpeg/libavcodec
cp /usr/local/include/libavutil/* /usr/local/include/ffmpeg/libavutil
fetch http://www.maido3.com/server/zousan/ffmpeg/patch.diff
patch < patch.diff
vi ffmpeg_frame.c
:%s/PIX_FMT_RGBA32/PIX_FMT_RGB32
:wq
phpize
./configure --with-ffmpeg=/usr/local/include
make
make install

さて、次はPHPShieldのインストールです。
PHPShieldの本家サイト(http://www.phpshield.com)は [1]です。
で、今回インストールするのは [1] の「support」タブをクリックして出てくるLoaderになります。([2]を参照)
で、Loaderのページが [3] になります。ここでインストールするマシンのOSバージョンに合うものを手に入れます。

[1]   [2]   [3]

今回は8.2R amd64なので、「FreeBSD 64-bit」と書かれているものが対象となります。

では呪文を唱えます。

cd /tmp
fetch http://www.phpshield.com/loaders/ixed4.fre.x86-64.tar.gz
tar zxvf ixed4.fre.x86-64.tar.gz ixed.5.2.fre ixed.5.2ts.fre
mv ixed.5.2* /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613

ここで、注意するのは最後の呪文です。これは入手したPHPShieldのモジュール
(ixed.5.2.fre と ixed.5.2ts.fre)をPHPの拡張ライブラリに放り込んでいるところです。
PHPの拡張ライブラリがどこになるのか?というのは予め調べておいてください。
調べ方はinfo.phpで「extension_dir」の行に表示されているディレクトリを見る、又は
SSHで php -i | grep extension とコマンドを実行すると出てきます。

ここまで来たら、php.ini にモジュールを組み込んだり、パラメータを設定します。
今回はClipBucketで動画や画像をアップロードしたりするので、こういう内容で
設定しています。

extension="apc.so"
extension="ffmpeg.so"
extension=ixed.5.2.fre

upload_max_filesize = 100M
post_max_size = 100M
max_execution_time = 1500
session.gc_maxlifetime = 14000
safe_mode = off
Thread saftery = disabled
enable_dl = On

えーと、1行目はAPCというPHPアクセラレータのローディングを表しています。
2行目がffmpeg-phpのモジュールで、3行目がPHPShieldのモジュールです。
後は enable_dl = On というのはPHPの動的ロード拡張機能というものを有効に
する為のものです。(これも大事なパラメータです。)
後の項目は upload_max_filesize とか post_max_size 、max_execution_time、
session.gc_maxlifetime なんかは各自の環境に合わせて指定してください。

ここまで済んだら、Apacheを再起動して、info.phpで確認すると以下の様に
項目が追加されていたりします。
[a]   debugの文字が無い事を確認
[b]   ffmpeg と書かれた欄が出てくる
[c]   SourceGuardianという欄が出て、phpSHIELD Supportという行が出ている

長い道のりですが、これでClipBucketのインストールができるベースの環境の
準備が終わりました。

・動画を配信&エンコードする環境の構築

さて、ClipBucketは元々はオープンソースで開発されたソフトです。
本体は今もフリーで使えますが、機能拡張のプラグインやテーマは有償で
提供されています。
本家サイトはhttp://clip-bucket.com/です。(下の画像がTOPページになります。)

この本家サイトからもソフトをダウンロードできますが、sourceforgeからも入手可能です。
URLはhttp://sourceforge.jp/projects/sfnet_clipbucket/releases/になります。
(下の画像がそうです。)


さて、ではインストールしてみます。
今回はBIG-Server.com仕様で一般のFTPアカウントを作って(この時にMySQLのデータベースも作られるのです)
そこにclipbucketというディレクトリを作ってインストールします。以下の様な感じです。

FTPアカウント:dokuo
MySQLデータベース名:dokuo
MySQLユーザ名:dokuo
ドメイン名:dokuo.maido3.com

では、まずはClipBucketのパッケージの設置です。
ClipBucketの本家からパッケージ (2012/09/03時点での最新パージョンはclipbucket-2.6-r738.zip です。)
を入手して、FTPでサーバにアップします。 この時にpublic_html(Apacheのバーチャルホストのドキュメントルート)の中に clipbucket という名称で
ディレクトリを作り、その中にZIPファイルをアップします。
次にSSHでdokuoにログインした後で、

cd public_html/clipbucket
unzip clipbucket-2.6-r738.zip
rm *.zip
chmod 777 upload/
chmod -R 777 upload/cache upload/files upload/images upload/includes

で、ClipBucketのインストールはWebブラウザから行ないます。
アクセスするURLは今回の例では http://dokuo.maido3.com/clipbucket/upload/cb_install/index.php
となります。
アクセスすると下の画像の様に表示されます。



この画面はライセンスに関する画面です。で、「I Agree ・・・」のボタンをクリックします。

そうすると、下の画面の様にシステムのプレチェックが実行されます。
が・・・うん?なぜか赤表示だ。



何か嫌な予感がするので、SSHから whichコマンドで 該当の MP4Box を調べてみます。
すると、案の定こうなりました。

# which MP4Box
MP4Box: Command not found.
# which mp4box
/usr/local/bin/mp4box
#

うーん、そうだよね。mp4boxはちゃんとインストールされているよね。
でも、名前は小文字なんですよ。
思うに、Linuxだと MP4Box という風に大文字で入っているんだろう。
でもここはFreeBSDです。基本小文字の世界です。
じゃあ、小手先第一弾行きますか。

cp /usr/local/bin/mp4box /usr/local/bin/MP4Box

で、先程の画面をリロードすると、ハイ、グリーン表示になりました。
(何だかなあ・・・)



次は各ディレクトリのパーミッションのチェックです。
以下の画面の様にグリーン表示されればOKです。
  

次はデータベースの設定です。
データベースに作成されるテーブルは接頭語 cb_ が付いた形で構築されます。



で、今回の例ではこういう風に設定します。

Host : localhost (デフォルト)のまま
Database Name : dokuo
Database User : dokuo
Database Name : ユーザ dokuo のパスワード
Database Prefix : cb_ (デフォルト)のまま



で、Check Connectionボタンを押して接続が正常に出来たら、続いては
管理ユーザの登録画面に移ります。こんな風に。



デフォルトのユーザは admin になっています。
今回は admin -> dokuo に変更しました。



続いてはサイトの設定です。
Website title 欄は、ブラウザでアクセスした時にブラウザの上の方に表示される
サイト名のことです。
で、Website Slogan というのは、サイト名の横に表示される説明書きのことです。
後、URLはサイトのTOPページの場所を指定します。
インストール時にディレクトリ構造は変えずにディレクトリ名を変えると
自分に合ったサイト構成になると思います。



まあ、今回は試しですから、こんな風に指定しました。



すると、以下の画面が表示されます。この画面はClipBucketのフォーラムとかの
ユーザ登録するかの画面なので、スキップして大丈夫です。



で、以下の画面が出ると、インストールが終わりです。



ただ、画面にも表示されている様に、インストールのスクリプトが格納されている
ディレクトリ(upload/cb_install/)を削除しないと、サイトにアクセスした際に
怒られます。また、管理画面に入る場合にも怒られます。怒られるだけじゃなく
先に進めないのです、ハイ。

管理画面のURLは今回の例ではこうなります。

[管理画面]
http://dokuo.maido3.com/clipbucket/upload/admin_area/



[サイトTOP]
http://dokuo.maido3.com/clipbucket/upload/



・最後の仕上げ(小手先)

では、次にどうするかというと、管理画面にログインします。
ログインすると、以下の画面になります。


向かって左側にメニューが出ていますので、「ToolBox」 > 「Server Modules info」と
進んでいきます。すると向かって一番右の画像の様に赤表示になっている箇所があります。

     

これはPHPのパスがサーバの実態とスクリプト内の記述が違っているからです。
ここでもLinuxベースの為の修正が必要になります。
じゃあ、小手先第二弾行きます。

cp /usr/local/bin/php /usr/bin

で、ページをリロードすると赤表示が解消されて全てグリーン表示になります。
続けて、「Stats And Configuration」 > 「Website Configuration」と
進みます。すると向かって一番右の画像の様に顔文字のところが文字化けしています。
この状態だとサイトにアクセスするとサイト名が文字化けのままになるので、直します。

     

直したら、ページの一番下の「Update Settings」ボタンを押します。すると、
文字化けが直った状態になります。



この管理画面から抜ける(ログオフする)場合にはページ右上段に表示されている赤丸部分を
クリックすると、管理画面のTOPに戻ります。
  
で、最後の小手先です。

実は構築されたデータベースのテーブルを一部修正しないと、画像のアップロードが うまく動かないという現象が発生します。こんな風に。



この現象が発生しない様にする為には、以下の作業を実施します。

まず、SSHでユーザdokuoでログインした後、MySQLにログインします。
mysql -p
パスワードを入力します。
Enter password:
プロンプトが返ってくるので、useコマンドでデータベースを指定します。
mysql> use dokuo;

Database changed

次に以下のコマンドを実行します。
mysql> ALTER TABLE `cb_photos` ADD `photo_details` TEXT NOT NULL AFTER `photo_tags`;

Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
Records: 1 Duplicates: 0 Warnings: 0

quitコマンドを実行してMySQLから抜けます。

mysql> quit
Bye

えーと、本当は使い方とか色々解説した方が良いかもしれないのですが、
まだ説明できるほど操作が慣れていないので、機会があればまた解説しますね。
感じだけでもさらりと。
     

ふー、今回はちょっとしんどかったです。
PHPShieldの攻略がうまく行かなくて、CentOSを使ってWeb環境を作って動かしてみよう、と
予備知識なしてLinux触ったものだから、SELinuxの鉄壁のアクセス制御の罠にどっぷり
はまって、うんうん言ってました。
もう、FreeBSDが体にすごーく染み付いてしまったのね・・・

今回はFreeBSDでもこんな事ができるよ、というのをご紹介したのですが、
細かい事を言うと、アップされた動画や画像データの所有者がwwwになって
しまう為、設置者の権限では消せない(管理画面での操作だと消せる)とか
色々注意すべき点があります。
それにこういう投稿サイトを運営するのって、結構大変なのですよね。
ほら、著作権とかの問題が最近厳しくなっているから・・・

また面白そうなソフトを見つけたら、ご紹介しますね。
それでは、また!▲('A`)/

327日目に戻る。   329日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
[an error occurred while processing this directive]