[an error occurred while processing this directive]
【リベンジ】VESAモードでPC-BSD 9.1Rがインストールできました

第338日目:【リベンジ】VESAモードでPC-BSD 9.1Rがインストールできました

【追記3 2013/01/08 16:10】
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、先ほど「FreeBSD 9.1-RELEASEのpkg_add(packages)が使えないそうなのですが、
新しい仕組みpkgngだと大丈夫でしょうかねえ?」とご質問を受けまして・・・

残念ですが、pkgngも今は満足に使えない状況です。。。
(詳しくはFreeBSD本家Wikiの「pkgng」をご覧ください。)
英語で書かれていて判らないよーという人も居るかもしれないので、
恥ずかしい意訳ですが、▲('A`)なりにまとめてみました。

[原文]
As a consequence of the security incident on 11th November 2012, 
for the time being pre-compiled packages for pkgng are not available
from any official FreeBSD repository.
The test repository pkgbeta.freebsd.org contains only a copy of pkg-1.0.X.txz
in order to facilitate the bootstrap procedure for enabling pkgng on a new system.
Availability of the new official pkg build cluster has been set back,
as resources have instead been devoted to cleaning up after the compromise,
and the distributed package building software is being heavily revised for improved security. 

[恥ずかしい意訳]

悪い!悪い!この間(昨年11月)起こった不正侵入問題で、FreeBSDの公式リポジトリとして
提供していたpkgng用のコンパイル済みパッケージが利用できなくなったんだわ!
しょうがないから今はテスト用リポジトリ(pkgbeta.freebsd.org)にpkg-1.0.Xのコピーだけ
とりあえず置いているんだ。すんませんねえ・・・
そいでね、今は何をやってるかというと、新しいpkg構築用のクラスタを利用できる様に
「こいつとこいつは使えるかな?」と半ば妥協しながらクリア作業に専念しているところだよ。
で、今度配布するパッケージソフト達は今までよりももっとセキュリティ的に
しっかりした形で作り変えているよ。(ひー、大変だ!忙しい、忙しい・・・・)

まあ、ここにリストアップされている約40000近くのソフトウェアを作り直す訳ですから、、、
じーっと、気長に、待ってましょう。

それでは、また!▲('A`)/

【追記2 2013/01/08 09:00】
ども、ども、▲('A`)/です。
おはようございます。
「何か今日は早くない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
実は最近朝早くに出社して、会社のフロアの暖房入れを行なっています。
だってね、今朝の気温、こんなんだったんですもん。マイナス17℃なんて・・・



で、オフィスの1階下は空き家状態でガラーンとしているので、そこからの
冷気が半端ないのです。
(昨日は床に向かってヒゲダンスの格好をしたら、ヒンヤリした空気が
手のひらにまざまざと感じました。まあ会社のみんなの視線もヒンヤリ
していましたが・・・)

さて、後藤さんの所でFreeBSD 9.1-RELEASEの事について書かれていました。
とても判りやすく書かれているのでどうぞ。
ただ、FreeBSD 9.0Rのセキュリティサポートが今年の3月31日までという事で
アップグレードするように言われているとの事ですが、それまでには
9.1-RELEASE版のpackages(バイナリ版ですね)が提供されないと、切り替えは
難しいんじゃないかなと思います。
頑張ってくださいよ、FreeBSDの中の人!

さて、サーキュラー全開に回して、暖かい空気を満遍なく回さなきゃ。
こんな風に朝からドタバタしております。でも、足元が寒い・・・
それでは、また!▲('A`)/

【追記 2013/01/07 10:40】
ども、ども、▲('A`)/です。
さて前回の日記で1/6にFreeBSD本家wikiがメンテナンスの為一時停止になっている事を
お話しましたが、メンテナンスは終了した模様で、閲覧できる状態です。
ただ、直近の更新履歴(RecentChanges)はクリアされている状態ですので
TOPページにリンクが掲載されていないページはTOPページ上段の検索窓からキーワードを
入力して探してください。

さて、今日は「七草」ですね。どこかでおかゆ売っていないかなあ?
それでは、また!▲('A`)/

↓ 本編はこちらです。

(2013/01/07 09:40)
ども、ども、▲('A`)/です。
えーと、前回CoffeeBreakでPC-BSD 9.1-RELEASEを窓から投げ捨てましたが、その後
PC-BSDのフォーラムでも物議をかもしていました。
で、ちょっとさまよっていたら、謎の外国人から
( ,_ノ` )「ユー、VESAモードでインストールしてごらん」と言われまして。
ってか、誰なの?あんた?・・・

で、試してみたのですが、うまい事いきましたので、今回はリベンジという事で
一部始終をご報告しようと思います。
いつものスクリーンショットまみれの日記になりますが、ご容赦を・・・

で、前回はIntelのグラフィックドライバあたりがおかしいのかな?と
思っていたのですが、その後ちゃんと調べてみたら(おい!、どうも昨年(2012年)の
中頃にフォーラムで嘆いている人がいまして・・・
で、さらにFreeBSD本家wikiでこんなプロジェクトが動いていました。
気づかなかった。ありゃりゃ・・・

ここで大事なキーワードはカーネルモードセッティング(KMS、Kernel Mode Setting)です。

カーネルモードセッティングとはカーネル空間でディスプレイの解像度や色深度を
設定する方法です。
今まではディスプレイの制御はXサーバ側(ユーザ空間側)が執り行っていたのですが、
最近ではLinuxカーネルなどカーネル側がどんどんサポートする様になりました。
が、FreeBSDなどはその対応が遅れていたのです。。。

で、PC-BSD 9.1-RELEASEの開発が着手された直後にFreeBSD側でKMSサポートに
遅ればせながら着手した、という次第です。
対応状況としては本家Wikiに掲載されていますが、9.1以降で対応、という所です。
(並行開発していたPC-BSDではFreeBSD側のお墨付きが無いので、結果として
取り込めなかったようです。)
つまりSandy BridgeやIvy Bridge等の内臓ビデオを使う場合には、結果的に
FreeBSDやPC-BSDが提供するIntelドライバでは古過ぎてサポートできない訳です。

そこで、Xサーバで昔から提供されている「汎用のVESAドライバ」を使えば
新しいハードでも映像出せるでしょ、という事になります。
何と言っても「汎用」なんですから。

いずれはちゃんと対応版が出るんじゃないかと祈りながら、PC-BSD 9.1Rの
インストールに再チャレンジです。以下の手順で進めていきます。
(念の為、今回使用するマシンの環境は次の通りです。)

[Ivy-dokuo号]
--------------------------------------------------------------------
CPU:Intel Core i7-3770 (3.4GHz L3 8MB 8core/16thread)
MB:ASUSTek P8H77-I (2 x DIMM, Max. 16GB 2 x SATA 6Gb/s 4 x SATA 3Gb/s,
           RealtekR 8111F, 1 x Gigabit LAN)
RAM:Corsair CMX16GX3M2A1600C11 DDR3-1600(PC3-12800 8GB x 2)
SSD:Intel SSDSC2CT120A3K5 120GB (SATA 6Gb/s)
電源:玄人志向 KRPW-P630W/85+ (630W プラグインモデル)
クーラー:Intel 純正(CPUに付属のもの)
ケース:Chenbro  SR30169 (フォームファクタ MINI-ITX)
NIC: Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT
--------------------------------------------------------------------

(▲('A`)が使っているディスプレイはprinceton社製のPTFBLF-22Wです。
これをHDMIで接続しています。)

[インストール手順]
======================================================================
1) インストールメディア(DVD or USBメモリ)から起動開始
2)起動メニューで「6. Boot with X in VESA mode」を選択する
3)表示される画面に従ってインストール操作を進める
4)マシンを再起動し、インストールメディアを取り外す
5)起動メニューで「5. Toggle X in VESA mode」を選択する
6)ディスプレイの設定画面が出るので必要事項を設定する
7)表示テストが行なわれるので確認し、良ければ「YES」を答える
8)PC-BSDのアニメーションが流れるので、しばらく待つ
9)PC-BSDの基本設定の画面が出るので、必要事項を設定する
10)一旦画面が暗くなり、ログイン画面が表示される
11)ログインする
======================================================================

箇条書きにすると何て事は無いかもしれませんね。
でも、ちゃんと確認して進めないと、泣きを見ることになります。
(▲('A`)の頭は脳梗塞で一度壊れているので、何度も反復しながら
体に覚えこまさないと、ものにできないのです・・・)

それでは始めます。1)、2)、3)です。
まずポイントになるのは2)です。
画面[01]の様に起動メニューが表示されるので、キーボードの「6」キーを
押します。すると、画面[01]の下の方に「
xvesa set」と表示されればOKです。
これでVESAモードで起動されます。
で、VESAモードではどの様に表示されるかというと、[02]〜[08]の様にちょっと
不恰好というかモニターによっては大きめに表示されます。
(今回はデフォルトのままで進みました。画像[03]の所でどのOS又はデスクトップ
システムを使うかを選択しますが、デフォルトではKDEがインストールされます。)
注目すべきところは、画像[08]〜[09]です。
インストールが一通り終わったら画像[08]が表示されます。で、「Finish」を押すと、
以前は画面が真っ暗だけどマシンは動き続けるという事態になっていました。
今回は画像[09]の様に終了処理(rsync)が動いてこの後rebootコマンドもちゃんと
実行されました。再びマシンが電源ONになる前にインストールメディアを早く
外してあげましょう。

[01]   [02]   [03]
[04]   [05]   [06]
[07]   [08]   [09]

次は4)、5)です。
画像[10]の様に最初表示されますが、しばらく(約5〜10秒位)放っておくと
画像[11]の画面に切り替わります。
ここで、気をつけて欲しいのが、インストール時のメニュー(画像[01])の配列と
表示される文言が若干違うという事です。
VESAモードの文言は「5. Toggle X in VESA mode(Disabled)」となります。
で、キーボードの「5」キーを押します。すると、画像[12]の様に表示される文言が
5. Toggle X in VESA mode(Enabled)」と変わります。
この「Disable -> Enable」になる事を確認してください。
PC-BSDではVESAモードでの起動はデフォルトで無効(Disable)になっています。

[10]   [11]   [12]

さて、次は6)です。
OSの起動が終わると、引き続きXサーバが起動されて、しばらくすると画像[13]の画面が
表示されます。判りづらいので拡大したのが画像[14]です。

「The previous attempt failed, please check your settings and try again」
「前回(デフォルトのディスプレイの)設定で起動を試みましたが、失敗しました。
設定をチェックしてもう一度起動を試みてください。」

ちょっと意訳しちゃいましたけど、設定をみてみましょうか。
「OK」ボタンをクリックすると。画像[15](ディスプレイの設定画面)が表示されます。
上から順に
Screen Resolution(画面解像度)
Color Depth(色深度)
Video Driver(ビデオドライバ)
となります。
ここで注目すべき点はビデオドライバの所が「intel-3d-enable」となっている点です。
ハードウェア的には「このドライバをお願い」と言っているのです。
しかしながら、PC-BSDで提供されているドライバが古くて、ハードウェアに対応できない
代物なのです。だから、前回投げ捨てざるを得ない状況になった訳です。
ここ(ビデオドライバ)をまず画像[16]の様に intel-3d-enable -> vesa に直します。
次に解像度ですが、使用しているディスプレイによって値を変更する必要がありますが
今回は画像[17]〜[18]の様に「1024 x 768」-> 「1440 x 960」に変更してみました。
色深度は画像[19]の様に24bitでそのままとなりました。
で、この内容で表示に問題が無いかを確認してみます。
画像[20]の様に「Apply」ボタンをクリックすると画像[21]の様に「テストするよ!」と
メッセージが表示されます。
すると、一旦画面がリセットされた後画像[22]の様に「これで良いかい?」と
小画面が表示されるので急いで「yes」ボタンをクリックします。
(なぜなら、10秒カウントが動いていて、ここで「yes」を押さないと設定されずに
デフォルトの設定のまま次に進んでしまいます。)
で、vesaドライバで設定してあげると画像[23]〜[24]の様にPC-BSDのアニメーションが
再生されます。このアニメーションが表示されれば「一山越えた」事になります。

[13]   [14]   [15]
[16]   [17]   [18]
[19]   [20]   [21]
[22]   [23]   [24]

PC-BSDのアニメーションの再生が終わり暫くすると、画像[25]の画面が表示されます。
ここでインストール時にはデフォルトで進めていた言語設定を画像[26]の様に日本語に
変えてみます。すると、画像[27]の様に日本語表示に切り替わります。
次にタイムゾーンを今回は日本時間に変えてみます。これも画像[28]〜[30]の様に
切り替えていきます。
ちなみにデフォルトのタイムゾーンは「Ameria/New York」になっています。
続いてrootパスワードの設定([31]〜[32])、ログインユーザの作成([33]〜[34])と
進んで行き、一通り終わると画像[35]の画面が表示されますので、「完了」ボタンを
クリックします。
すると画面が一旦真っ暗になったあとで画像[36]の様にログイン画面が表示されます。

[25]   [26]   [27]
[28]   [29]   [30]
[31]   [32]   [33]
[34]   [35]   [36]

で、ログインする際にKDEの場合には画像[37]の様にログイン画面の下の方に
言語とキーボードの設定が出てきますので、画像[38]〜[43]の様にここも
日本語表示に変えて、それが終わったら画像[44]の様に「log in」ボタンを押しましょう。
そうすると、画像[45]〜[50]の様にコントロールパネルやソフト管理のツール(AppCafe)の
表示も日本語で表示されます。
気をつけなければならないのは、この状態では日本語入力環境等はまだ完全ではありません。
必要となる日本語フォントやフロントエンドプロセッサ等をインストールして初めて日本語が
扱える環境になります。
当然ブラウザ等の他のソフトウェアも日本語対応のものをインストールする必要があります。

[37]   [38]   [39]
[40]   [41]   [42]
[43]   [44]   [45]
[46]   [47]   [48]
[49]   [50]

さて、マシンを一旦再起動してみます。
再起動の方法はデスクトップの向かって左下に表示されているPC-BSDのマーク(火の玉)を
クリックすると、画像[51]の様にMicrosoftのWindowsよろしくスタートメニューが表示
されますので、横の電源マークにカーソルを移動すると画像[52]の様に出てきますので
今回は「Shut Down」ではなく、「Restart」を選択します。
すると、画像[53]の様に終了処理が動いて画面が一旦真っ暗になります。その後で
OSが起動され、画像[54]の起動メニューが表示されます。
ここでは何もキーを押さずにデフォルトのままで起動します。
「大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、既にディスプレイの設定をVESAで
設定済みなので、画像[55]の様にログイン画面がすんなり表示されます。
ご安心ください。

[51]   [52]   [53]
[54]   [55]

ふー、ようやく胸のつかえが取れました。
PC-BSDはFreeBSDをベースに開発しているから、しょうがないのか・・・
でもね、この間発表になったFreeBSD 9.1-RELEASEにはKMSをサポートした
新しいIntelGPUドライバが入っているよ!と言っているし・・・
(New Intel GPU driver with GEM/KMS support)
いくら公開が前だったとはいえ、何だかなあ。。。
どこかのタイミングで取り込んで欲しかったなあ。

日本語で解説しているところが見受けられなかったので今回は苦労しましたが、
とりあえず▲('A`)のような初心者にとってはこれで何とかなるかな、と
思います。ええ、ええ。。。

BSD系は何かと「敷居の高い世界」と思われがちですが、それはこういう
▲('A`)のようなバカでも判る情報」が少ないからなのかもしれませんねえ・・・
「いや、それは違う!」という意見もあるかと思いますが、個人的な感想なので
お許しを・・・

さて、2013年もスタートしましたが、今年はどういう1年になるのかなあ?
また「滅亡の日」が来る、なんて事は無し、でお願いしますよ。

それでは、また!▲('A`)/

337日目に戻る。   339日目に続く。

目次に戻る
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
8日目 9日目 10日目 11日目 12日目 13日目 14日目
15日目 16日目 17日目 18日目 19日目 20日目 21日目
22日目 23日目 24日目 25日目 26日目 27日目 28日目
29日目 30日目 31日目 32日目 33日目 34日目 35日目
36日目 37日目 38日目 39日目 40日目 41日目 42日目
43日目 44日目 45日目 46日目 47日目 48日目 49日目
50日目 51日目 52日目 53日目 54日目 55日目 56日目
57日目 58日目 59日目 60日目 61日目 62日目 63日目
64日目 65日目 66日目 67日目 68日目 69日目 70日目
71日目 72日目 73日目 74日目 75日目 76日目 77日目
78日目 79日目 80日目 81日目 82日目 83日目 84日目
85日目 86日目 87日目 88日目 89日目 90日目 91日目
92日目 93日目 94日目 95日目 96日目 97日目 98日目
99日目 100日目 101日目 102日目 103日目 104日目 105日目
106日目 107日目 108日目 109日目 110日目 111日目 112日目
113日目 114日目 115日目 116日目 117日目 118日目 119日目
120日目 121日目 122日目 123日目 124日目 125日目 126日目
127日目 128日目 129日目 130日目 131日目 132日目 133日目
134日目 135日目 136日目 137日目 138日目 139日目 140日目
141日目 142日目 143日目 144日目 145日目 146日目 147日目
148日目 149日目 150日目 151日目 152日目 153日目 154日目
155日目 156日目 157日目 158日目 159日目 160日目 161日目
162日目 163日目 164日目 165日目 166日目 167日目 168日目
169日目 170日目 171日目 172日目 173日目 174日目 175日目
176日目 177日目 178日目 179日目 180日目 181日目 182日目
183日目 184日目 185日目 186日目 187日目 188日目 189日目
190日目 191日目 192日目 193日目 194日目 195日目 196日目
197日目 198日目 199日目 200日目 201日目 202日目 203日目
204日目 205日目 206日目 207日目 208日目 209日目 210日目
211日目 212日目 213日目 214日目 215日目 216日目 217日目
218日目 219日目 220日目 221日目 222日目 223日目 224日目
225日目 226日目 227日目 228日目 229日目 230日目 231日目
232日目 233日目 234日目 235日目 236日目 237日目 238日目
239日目 240日目 241日目 242日目 243日目 244日目 245日目
246日目 247日目 248日目 249日目 250日目 251日目 252日目
253日目 254日目 255日目 256日目 257日目 258日目 259日目
260日目 261日目 262日目 263日目 264日目 265日目 266日目
267日目 268日目 269日目 270日目 271日目 272日目 273日目
274日目 275日目 276日目 277日目 278日目 279日目 280日目
281日目 282日目 283日目 284日目 285日目 286日目 287日目
288日目 289日目 290日目 291日目 292日目 293日目 294日目
295日目 296日目 297日目 298日目 299日目 300日目 301日目
302日目 303日目 304日目 305日目 306日目 307日目 308日目
309日目 310日目 311日目 312日目 313日目 314日目 315日目
316日目 317日目 318日目 319日目 320日目 321日目 322日目
323日目 324日目 325日目 326日目 327日目 328日目 329日目
330日目 331日目 332日目 333日目 334日目 335日目 336日目
337日目 338日目 339日目 340日目 341日目 342日目 343日目
344日目 345日目 346日目 347日目 348日目 349日目 350日目
351日目 352日目 353日目 354日目 355日目 356日目 357日目
358日目 359日目 360日目 361日目 362日目 363日目 364日目

いま一番お得なページ! 解析
[an error occurred while processing this directive]